Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
冬本番に突入です
0
    大ブキ

    一度降り始めると最低でも3日、長ければ1週間降り続ける冬本番の時期になっています。この冬は暖冬予報を大きく覆して、12月のうちからひどい豪雪になっていて、とどまることを知らない様相です。土壌分析のための採取も3月まで無理でしょう。。。今日のような吹雪ですと、いくらでも吹き積もり、午前中50cm除雪したと思えば、午後にはまた50cm溜まっているという感じで、上から降ってくる量の何倍もの除雪量となっています。町の除雪車も何日連続で早朝出動になっていることでしょうか。昨日の盛岡など、春のような陽気だったというのに、愚痴を言っても始まりませんが、やはり雪牢の里に違いないでしょう。ここは他の何処とも違った風土の地なのです。春から秋までは素晴らしい自然を見せてくれるのですから、冬の5か月は我慢しなくてはいけません。

    気になるのは、やはりこの5年くらいの雪の量がその前よりも確実に増えていることで、消雪の時期も遅くなっています。温暖化により低気圧の発生が増えていることと思いますし、現在の新潟あたりの最大積雪地帯が北に移動して、この辺りが次の新潟的豪雪地に当たってくるとも言えましょうか。

    日中も相変わらず氷点下の世界でして、こういう環境ではなかなか農作業をするという感じにはなれませんね。盛岡等へ冬仕事で出勤しつつ、研修や交流の場を重ねたり、米・にんにくの在庫品の出荷作業とタラノメの小規模出荷。日も短いし、夏のように体も動きませんしね。現状ではこれで十分とも思います。決算や申告もあります。だいたい、どういうことができそうか、18年過ごしてその枠組み的なものは見えてきたような気がします。他の地域にないこの風土を生かした営みの中で地道に生産物を生み出していくこと以外の何物でもありません。

    雪を投げ上げているるところも2mを超え、その向こうへと投げ飛ばすのに苦労し始めています。少し硬くなった雪片はヘラの弾力でブンと投げ飛ばせますが、新雪は自分の顔に飛んでこないように。。少し沈んで落ち着いてくれればいいのですが。

    岩手食文化研究会で、「岩手に残したい食材30選」の続編を刊行するということになり、まだ企画段階ですが編集に関わっています。食材項目の選定自身からして簡単ではないのですが、全体構成のイメージ作りに意見を出し合っている段階です。食材名の見出しのもとに地域や食べ方、文化などを羅列していくという単純な編集では良いものはできない気がします。記載事項の決まりをあまり限定的に決め付けず、コラム記事、関連事項を食をベースにしたライフスタイルの側面へと膨らませたいものですね。貯蔵のこととか、固定種の種採りのこととか、横断的な項目のページ立ても欲しいところですし、インタビュー記事や座談会などの設定もありかもしれません。編集活動が自分の研鑽にも繋がることですから、「仕事」とは考えないわけで、実りある研修活動となればと思っています。これまで重ねてきた例会の活動自体が豊富な情報のソースとなってくれる面もありましょう。

    当面まずタラノメの施設を仕上げなくてはいけませんが、目の前の雪かきに追われまだ完成していません。吹雪でもやればできるはずですが、寒いとなかなか体も動いてくれず、目の前にはやらなければいけないことばかり、という毎日です。にんにくの冷蔵庫は奥の作業場にあり、出荷時にはそこまで2m以上の柔らかい雪山を「漕いで」到達し、戻ってくるという苦労を強いられています。タラノメ資材もこの奥の作業場から住宅の作業スペースの方へ持ってこなければならず、面倒です。明日の天候回復を願っています。

     
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    冬期間の始まり
    0
      県民会館

      12月1日よりまた冬の仕事が始まり、盛岡市内丸の窓から見える県民会館と、右手に流れる中津川の光景を8か月ぶりに目にして、何だかホッとした気持ちになります。家にいると、次々にあれやりこれやり、と際限がありませんし、ここに通って家の仕事と別の次元での作業をするというのは気分も違います。もっとも営農という気苦労から逃れることはできないわけですが、当面車で通勤したり、市街地を歩いたり、実験の業務に携わっている最中はそれも脇に置いていられるわけで、まさに気分転換。それも必要な期間です。県の仕事なので異動が多く、新しく知り合う人もあり、時には繁華街で飲み会になることもあり、また夏場とは違った有意義な時間を過ごせたらと思いつつ、冬時間が開始したところでした。


      総合分析計

      農業に関わる業務で、農家より集められた田畑の土壌の成分分析を行う実験室での仕事になります。試薬を扱うため白衣を着ての仕事です。この分析装置が要になるため、初日に早速試運転を行い、しばらくきれいな水を吸わせながら燃焼させて、バーナーの位置調整なども行って、本番の作業に備えました。トラブルなく、やや余裕を持って3月末の期間までを無事過ごせたらと思います。


      悪魔折り紙

      さて余談ですが、小3の息子は折り紙が好きで、本を買って挑戦したりしています。「本格折り紙上級編」というテキストを去年だか買いまして、思い思いに折っておりました。そしてその最後のページにある最後の難関が、この「悪魔」です。144の工程になり、技術も要するためこれまで挫折しておりました。小学生のうちにできれば良いねなどと話しておりましたが、このほどついに完成させ、その記念に撮影したものです。かなり大きな紙を準備して折り上げました。

      小学生は、こういう好きな対象にだけはとことん打ち込めるようですね。

      折る方も大したものかもしれませんが、1枚の紙からこういう設計を発案する人の頭の構造はどうなっているのだろうかと思ったりします。

      奥羽・沢内は雪が止まらず、12月1日の時点で0だった積雪はいま60cmになっています。今日も珍しくしんしんと降り続いています。外作業はできそうになく、事務仕事主体の1日になりそうです。

       
      posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      秋景色
      0
        秋景色

        相変わらず降ったり晴れたりが続き、めまぐるしい秋らしい気候の奥羽地方です。快晴の日はすばらしいの一語に尽きますね。1週間前の写真ですが、いまは紅葉がかなりまた進んでいます。一番下の黒マルチはにんにく植え付け中の畑、すぐ上は芽を出した小麦の緑です。中ほど左のブルーは彼岸出荷したりんどう「蒼い風」の残り花、右側のハセの下に見える木の緑はタラノキになります。稲を筆頭として秋の日差しを吸収しつつ作物が進んでいってるよというのが何となく気持ちとして分かります。


        脱穀1回目

        そんな好天が数日続いた、明日から崩れますという日に、まず第1回目の脱穀を行いました。3連休中の日曜日で小3の息子が手伝ってくれました。稲扱き作業は一人では能率が上がらないものです。ハセの上に上がって、直接ハーベスタの投入口トレイへ投げ落としてくれる稲を私はどんどんと機械に入れていく作業になり、大人が一人付いてくれるのと全く遜色ないスピードで進みました。5反分のうち1/3くらいはやれたでしょうか。水分も15%台後半まで下がっておりまして、好条件で取り込むことができたと思います。


        ハウス稲乾燥中

        こちらは18坪の小型乾燥ハウスに設置した雨よけハセで、約1反分分の稲がいまも入っております。当園の田で1反分分ですから、普通の農家さんですと5アール分といった感じでしょうか。4俵240kg分を、外の通常のハセではどうしても実現できない15.0%の水準まで乾燥させて、来年の初夏以降の出荷用に備えたいのです。こちらは全量「いわてっこ」で、ひとめぼれは面積も小さいですし外のハセのみになり、おそらく先に品切れになるかと思います。

        外のハセで残り1回、そしてハウス脱穀で1回の計2回、あと脱穀が残っています。11月初旬までに終わらせなくてはいけません。特に外のハセは長く掛ければ良いというもので決してなく、11月に入り雨が止まらなくなって痛い目に遭った記憶がありまして、その時はもうお日様も望めず水分も下がってくれる気配もなくて、やむなく強行脱穀して作業場の2階に一冬広げて乾燥したのでした。籾の階段上げ下ろしが辛かったです。日本海側気候の一番辛いところです。


        にんにく種球

        稲刈りと並んで、稲刈り以上に時間がかかっているのが、にんにくの植え付けです。今年はホワイト六片4アール・八木+八幡平4アールで8アールの計画で植え付けています。一気に拡大して小さい種まである在庫残らず植えた昨年秋は、結局小さい出来しか今年の夏もたらしてくれませんでしたが、拡大2回目の今年はやや面積を絞ったものの、十分なサイズの種ばかりを植え付けることができまして、来年は今年よりは間違いなく良い出来になってくれるものと信じております。植え付け開始から既に10日が経っており、台風雨もあったり、りんどう出荷との兼ね合いですので一日まるまるは作業できませんが、まずあと今日まもなく1時間程度で完了するところです。

        また、肥料面でも今年は鶏糞と豚糞を前年より多く施しており、積雪による生育休止期間が長く、また積算温度も低い当地のような山間地でのにんにく栽培においては無肥料に近い栽培ということは現実的には困難であることを、特にこの1作で強く感じている次第です。有機質だけとはいえ、やはりLやM品を提供していかないわけにはいかないですから。

        肥料分をそれなりに多用して、次年度はそれを小麦を植えることによって吸わせて輪作として、という作型になるのだろうと考えています。

        外仕事もあと1か月です。この間どうか積雪に邪魔されないことを願うばかりです。

         
        posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        沢内の夏・りんどうお盆出荷
        0
          アリーナ刈り取り

          撮りためた写真がなぜかPC取り込み前に消えてしまい、記事投稿が遅れておりました。北上市内のイタリア料理店訪問や、なめとこ山近くでの川遊びの光景などの写真で、ちょっと残念です。原因は不明ですが、子どもたちのせい?

          期間が空いてしまいましたが、日本で一番最後ではないかとも思われた小麦(アリーナ)の刈り取りを慌ただしく終わらせ、現在はお盆需要期のりんどう出荷に追われています。今年も始まりました。にんにく収穫と面倒なマルチの除去作業も何とか終了させ、草取りや草刈りなどの作業も全部脇に置いて、昨日からりんどう一本の生活になっています。にんにくのご注文も多くいただいていますが、いまはまだもう少し乾燥が必要で、またりんどうの出荷作業が待ったなしですので、少しお時間をいただいています。

          バタバタした気持ちで、忙しないです。夏は落ち着いた思索など難しいものですね。


          一関文化センター

          さて、りんどう集中出荷が始まる直前の7月30日ですが、ラジオでもCMが流れていた東京バレエ団の公演「眠れる森の美女」を観に、一関文化センターへ足を伸ばしてきました。早めに到着し、案内付きで館内をいろいろ探検してきました。照明の部屋に入り、ステージへとスポットライトを当てる体験をしている写真です。普段立ち入ることのない区域の案内でして、楽屋脇の通路など、バレエの衣装の箱などがずらり並び、開いたドアの向こうでは衣装に手を入れている人たち。開演前の臨場感が伝わってきます。

          バレエ音楽はテープを流してのものでしたが、セットも美しく、子どもたちもよく知るお話だったので、飽きずに楽しめたようでした。後半のマレフィセントと王子の対決シーンがあっさりしすぎていたのは、ちょっと残念でした。竜に変身するシーンなどどうするのかと思っていましたが、竜は出てこず。。。

          私も初めてバレエを生で観ましたし、滅多に体験できないので、良い機会でありました。道も国道4号へいきなり出ず、北上の手前から「胆沢農道」を通って前沢までほとんど信号なしの快適なルートを利用し、何と2時間で到着しました。また会場の隣には新しく出来た図書館が併設してあり、こちらにも入ってきました。図書館は何時間でも楽しめる場所です。


          冷蔵庫

          さて、当園ではにんにくに力を入れておりますが、これまで面積も少なく、実際11月頃には売り切れとなっていたのですが、これをもっと先まで販売し、さらには冬場の黒にんにく等の加工まで視野に入れるとなると、冷蔵庫の導入が不可欠でして、今回、念願の農業用冷蔵庫を購入することになりました。電気代はかかりますが、乾燥終了後、-2度で保冷することが長期保存には必須ということです。これで規模を増やして在庫をしっかり持ち12月以降まで品質を保って出荷できるようになります。

          今年のにんにくは思ったより小さく、肥料が少ないせいもありますが、昨年秋に作付け規模を拡大するためにかなり小さい鱗片も種に使用したことがあったと思っています。この秋もやはりそれなりに小さい種球も植えざるを得ないと思いますが、鶏糞あるいは豚糞の施用量を多くして、S品にもならない玉は作らないようにしたいですね。

          1坪の冷蔵庫はかなりでかいです。いくら規模拡大しても入り切らないということはなさそうです。種用は元々入れませんし。

          まずはこの1週間、りんどう需要期を乗り切ることを考えたいと思います。

           
          posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          冬真っ盛り、です
          0
            タラノメ出荷状態

            関東に大雪の低気圧が来ている時は、こちらは全く降らなかったりするのが常ですが、昨日に関してはこちらも吹雪状態で、稀なことですが、東からの吹雪でした。北上線も止まったようです。よほど強い低気圧だったのでしょう。渋滞もあり大変だったことでしょう。もっとも盛岡でも大なり小なり雪の日は渋滞になるので東京に限らないことですが。

            そんな冬まっただ中ですが、タラノメが出荷できる状態になり、昨日、本格的に出荷をスタートしました。沢内の「ドライブインおよね」と、ほっとゆだ駅前の「湯夢プラザ」(西和賀産業公社)の2か所です。「およね」では主に料理として業務用に使ってもらいます。これから4月中旬まで少量ずつですが出荷していきますので、よろしければネットの方からも宜しくお願いいたします(こちらになります)。赤みの入らない緑色のタラノメです。日照のない豪雪地帯になりますが、それでも色づいてくれて、ホッとしています。


            志賀来スキー場

            この前の火曜日は祝日でしたが、翌日「西和賀むらづくりフォーラム」という農産品加工に関する恒例のイベントが開かれるということで、加工ではないけれども、この時期の特産品ということで、会場の銀河ホールに見本としてタラノメを展示出品してきました。

            そのときに子どもたちを初めて近くのスキー場に連れて行ってやりました。志賀来スキー場です。スキー場は沢内ではこの1つで、あと湯田に1つ湯ノ沢というところにあって、町内は計2か所です。町外から客が来ることは滅多にないでしょう。この日も小学生が7人くらいで、うち3人はうちの子でした(末娘はそり遊びです)。

            ちょうどこの日まで小岩井で雪まつりが行われており、去年までは連れて行ってやったものですが、そり滑りにしてもここ志賀来の方が傾斜も距離もあり、しかも空いている。今年の小岩井はそりコースが拡張し100mになったと言ってましたが、こちらは歩けばいくらでも上がれるし、かえって登りすぎると高すぎて怖いくらいです。

            バックには独特な形の志賀来山が。このあまりにも形が人工っぽい山については、古代人の造作物で中がウロになっているという伝説を聞いたことがあります。


            ジャンプ台

            ジャンプ台もあります。現在使われているか不明です。使われてないんでしょうね。


            リフト?

            こちらがリフトの代わりです。小学生半日で200円支払いました。私もスキーは一応持っていますが、冬でもなかなかスキーをしようという余裕はありませんね。。。結構急斜面もあるコースで、楽しめると思います。沢内へ来られた際はスキーをし、そしてタラノメを買って行っていただければ幸いです。
             
            posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 09:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            困った積雪
            0
              初雪1

              おととい月曜日のお昼前に、雨が雪に変わり、刈り取ったりんどうの残茎を集めて搬出していたところ、1時間でみるみる地面が見えなくなってしまいました。水分をたっぷり含んでずっしりと重くなった枯れ茎を何とか切りの良いところまで運び出して、突然の作業中断となり、2日経ったいまも30cmの積雪に阻まれて外の片づけ作業はできなくなっています。雪中を歩くのもちょっと力がいるくらいです。

              りんどうは収穫時に残した茎を枯れてきたいま全部草刈り機で刈り払い、集めてほ場の外へ運んで廃棄する作業がこの時期続きます。取り敢えず畑2枚は大まかな粗片づけまで終わったものの、あと畑は4枚あるし、粗片づけのあとはきれいに茎を掻き集めて全部運び出し、早生品種には来年の元肥を行って、そして全部の畝に堆肥を一輪車等で運んで畝間に載せていき、ネットを全部下げて、秋じまい完了、となります。そのうちのごく一部の作業しかまだ進んでいないのに積雪にやられるのは、とても迷惑な話ですが、自然に腹を立てても仕方なく、他の作業を進めておくしかありません。


              初雪2

              今朝13日の朝の乾燥ハウスです。昨日の午後一度ハウスの内側から棒で屋根ビニールをドンと付いて雪を落としましたが、またたまっています。この午前中に全部落ちてくれましたが。

              積雪に見舞われた11日の午後すぐに、このハウスについて行っておいたことがあります。それは両サイドの黒いテープをはずし(地際部分で固定しています)、かつ腰巻きビニールと前後の褄の下を留める地際のビニペット(ジグザグ金具)を外すことです。積雪がまだ10cmでしたから、手でどかしながら急いで行いましたが、これを怠ると、上から落雪した雪がもっさりたまって、ビニールをほぐすことができなくなります。上部のビニペットと、念のため掛けているロープで押さえられているので、まず余程の大風がこない限りビニールは飛ばないでしょう。既に両サイドには落ちた雪が50cm以上たまっています。ビニールを外すために、横を50cmずつ雪掘りしていくのは嫌ですから。。。まず何としても地際作業だけは終えておかなくてはなりません。


              田沢湖1

              さて、そういう積雪直前の切羽詰まった時期なんですが、地元の恒例の研修旅行が例年のごとく11月3日にありました。前日の2日には外のハセの脱穀をいい条件で終えることができ、この旅行日の雨模様は全然苦にもなりませんでしたが、地区でバスをチャーターし、秋田県の種苗交換会へ行って来ました。場所は仙北市ということで、ここからは割合近く、秋田駒ヶ岳の山麓にある会場へ向かいました。大きなイベントではあるので行楽客と併せて道路は大渋滞。会場間の移動のシャトルバスも巻き込まれましたが、農業のイベントなど関係のない県外からの高原を目指したマイカーの観光客にとっては良い迷惑だったことでしょう。

              祭りのお店がいっぱいだ、ということで子どもも置いてもおけず2人連れてきましたが、農業機械コーナーなど興味があるはずもなく、まあそれなりにお祭りの雰囲気を楽しんだことでしょうか。

              子どもたちの真の目当ては、午後立ち寄った田沢湖でした。遊覧船に乗り、初めての船舶体験となりました。水の色が実にきれいです。かつては抜群の透明度だったのが、玉川温泉の強酸性の水が流れ込んだせいでいまはたいした透明度ではないそうですが、水の色は他に見ない色あいでしたね。


              田沢湖2

              船着き場にはウグイがたくさんいて、100円のエサをやって楽しみました。肌身離さずにもらった風船を手にしていますが、翌日、家の近くで手を離して宙に逃がしてしまい、ショックを受けることになった末娘でした。ビデオ映像(デジカメの)をパソコンで再生するたびに風船も映っていて、パソコンの中の世界へ行きたいとせがまれます。。。

              りんどうの片づけ作業はしばらく無理そうなので、まずはハセをほぐして仕舞ったり、ハウスを片づけたりして雪解けを待つしかありません。こうなると気温が上がらなくなる奥羽沢内ですが、予報通りに10度以上の気温になってほしいです(最高気温12度や14度なんて予報はちょっと信じがたいですが)。

              薪の住宅内への収納もめどが立ちませんね。。。脱穀と並んで、取り入れのタイミングに気を使う作業です。

              新しいMacで、新しく導入した「Photoshop Elements 12」で画像処理をしています。気持ち写真がきれいになった錯覚がありますが、モニターによるものでしょうか。
              posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ピアノ・オーボエ・DJのライブ&講演会 in 西和賀
              0
                桜2013_2

                例年5月3〜6日に満開を迎える当園そばの山桜です。この開花を待って、りんどうの株仕立
                て作業を開始する目安にしています。今年は10日遅れの経過で咲いて来てくれました。昨日15日の写真です。もう今年は春が来ないんじゃないかと思いましたが、連休を過ぎから割合に気温の高い日もあって、雪に押しつぶされていたにんにくや小麦も復活し、緑を濃く大きく生育しています。生き物ですから、挽回するのですね。たくましさを感じずにおれません。

                作業する人がそれについていけるかどうか、それが問題です。


                wasaviパンフ

                さて、180度話題が変わりますが、秋の「紫波ジャズフェスティバル」に招かれて岩手に来られ、その足で当園にも立ち寄っていただいていた3名の音楽家グループがいます。時々記事にも書いておりますが、このメンバーが6月10日に当地西和賀町内でもライブ&講演の催しを行うことになりました。前夜には、盛岡市の「the S」というピアノのベーゼンドルファーがあるお店でライブがあり、その翌日に、ここ奥羽の里でも催しを行うという運びになりました。

                岩手有機農業研究会の研修会として招聘しますので、演奏に加え、リーダーの富樫春生さんには賢治の農民芸術についてのレクチャーを交えていただきます。オーボエのtomocaさんにはオーボエという楽器についての紹介や、よく通っていらっしゃるバリ島での稲作の様子についてもお話ししていただければと思っています。また「DJ」というリズムやバックグラウンドを含めた機械で創出される音響の技法についても、DJ.Alah氏より紹介していただけたらと存じます。

                生演奏にレクチャーを交えた、とても興味深い研修会になると思います。近郊の興味がおありの方はどうかご参加ください。また当地の古民家に宿泊しての懇親会も予定していますので、そちらも良かったらぜひ。。。


                川尻小玄関

                そういうわけで、当地での研修活動ということで、私が担当として、町の職員さんとともに、ピアノのある施設、および雰囲気のある宿泊所の選定のため訪ねて回ってまいりました。ライブ講演の開催場所は、廃校となった旧川尻小学校の音楽室に決めました。JR北上線ほっとゆだ駅を目指していただき、国道107号から駅と反対の山側へ曲がってすぐの場所です。学校なので目立ちますね。


                音楽室

                その校舎1階の右奥にある音楽室が会場になります。グランドピアノがあることが決め手になりました。ここに学校の椅子を並べて座っていただきます。

                廃校とはいえ、ここは町できちんと維持管理されており、掃除等もきれいにされていました。

                ここ川尻小学校音楽室で、午後2時半開場・3時開演の予定です。6月10日は月曜日で平日ですが、ご都合がつく方はどうぞお待ちしています。


                左草体育館

                さて川尻地区に来たので、これもまた廃校になった左草小学校に来てみました。ここは「ブナの森自然塾さそう館」として教育関連の活動および宿泊のための施設として利用されています。カタクリンコちゃんが出迎えるこの体育館は、現在西和賀高校の野球部が雨天や冬期の練習場に使用しています。

                この体育館といえば、10年前に小澤征爾とチェロのロストロポーヴィッチが若い演奏家を引き連れて演奏会を行った所です。この体育館に私も来て、間近に見たのをくっきりと思い出します。りんどうが出荷ピークで結構忙しい時期でした。


                小澤キャラバン

                その時の寄せ書きや写真が校内に飾られていました。2002年8月8日だったんですね。ロストロポーヴィッチ氏は亡くなられたかと思います。このイベントは秘密裏に計画され、決してマスコミに知らせない、もし知れ渡った時は中止する、ということで、確か誰にも言うなみたいに進められたのでしたね。公表すれば入り切らないくらいの客が押し寄せて混乱を生じるし、確か、ふだんオーケストラの生演奏に接する機会の少ない農村部の高齢の方々にも生の演奏をぜひ聴いていただきたい、という主旨だったと思います。都市部から音楽慣れした人たちを呼ぶような催しではなかったわけですね。


                清吉稲荷と和賀岳

                さて、上記した左草小学校は子ども・学生のための施設ということであり、今回は大人の行事ということで宿泊許可が下りませんでした。それで今回の音楽家たちがいままで秋に当園に来られた際に宿泊していた「清吉稲荷」(道路右の家屋)で懇親&宿泊をすることになりました。わが家から車で3分の所です。

                先の研修箇所とは車で30分離れており、それは残念ではありますが、ここはインパクトもあり風情があると私は思っております。快適な温泉施設はいくらでもありますが、こうした本当の古民家で囲炉裏を囲んでの懇親はなかなかできない昨今です。飲食ももちろん持ち込みになり、観光とは無縁の農村地帯にぽつんと建つ家です。写真の左には和賀岳が遠望できます。数年前に映画の撮影が来た時(「いのちの山河」という沢内村の医療福祉を巡る映画)も、スタッフはここを拠点にしました。

                屋根など痛みも出ており、町としてもいつまで維持できるかわからず、その意味でも家屋が残る現在のうちに利用しておきたい気持ちも強く抱いています。

                また近づいてきたら紹介いたしますが、興味がおありの方はご一報ください。研修会だけ、懇親会だけの参加でもOKです(研修会だけの参加の際は、連絡は不要です)。

                posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 07:30 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
                雪室米の準備ができました
                0
                  ハウス除雪1

                  なかなか春が来ませんね。残雪の多いここ西和賀地域では、雪に冷却され気温が上がらず、結果、雪も解けにくいというスパイラルのただ中にあります。そうはいっても嘆いてもいられず、水稲の種まきが出来るようハウスの雪掘りに汗を流す日々です。

                  昨日やっと最後の20〜30cmまで掘り取り、地際までスコップを入れひっくり返し、土を付けてボコボコにしました。これで後はすうっと消えていきます。。。いくはずです。。


                  ハウス除雪2

                  しかし、今朝までの積雪で、せっかくの除雪ハウスもまた白いものを被ってしまいましたね。いったん降った雪が消えて、土の黒色により熱を吸収して解けてくれるのを待つのみです。いまも猛烈な吹雪が横殴りとなっています。時折晴れ間も見えたりするんですが。


                  籾摺り後在庫

                  そうしたハウス準備作業の傍らに、冬の間籾貯蔵し注文の都度籾摺りして出荷していました在庫米をすべて玄米にする作業をほぼ終えることが出来ました。小型の1枚網の機械のため、籾殻(アラ)が混入しないように、2度籾摺り機に通しています。

                  併せて選別機(ライスグレーダー)にも2度通ることになり、より高品質米を目指しています。本当は揺動式の籾摺り機が欲しいです。。。約30万円也です。

                  当園は上のように緑色の選別機を使っており、くず米を下に排除した後の米を左の青い計量機に接続して、昔ながらの天秤式の秤で計量されて袋にたまって30kg詰めにしています。旧式ですね。いまは選別機と計量機が合体しているようです(20万円也)。

                  この玄米を今日の夕方農協の雪室に入れに行きます(まだ寒いので少しはここにも残しておきますが)。これから夏場に向けては「雪室米」になり、雪室から出庫しての出荷になります。今年は在庫も豊富に用意しておりますので、次の出来秋まで品切れせず通して出荷できると思いますので、宜しくお願いいたします。通常出回っているお米は10月頃に玄米になっているわけですが、当園は4月の玄米ですので、半年分ほど新鮮な玄米であるとも言えます。


                  132号籾

                  最後に残っているのが「陸羽132号」です。あとはこれの2度の籾摺り米選をかけると全作業が完成です。ホッパーに投入した、見納めになる最後の132号籾です。この米は当地では気温が足りずやや暖地向きの傾向みたいです(花巻とか向きですね)。かついもち病に弱い性質のため、無農薬栽培では難しいようでした。緑色の選別機に通した際に多くくず米に落ちてしまうのは、粒が小さいからでしょう。やはり現代品種との差を感じてしまいます。半分近くくず米に持っていかれ残った出荷米は少量です。その分少し値段を高くさせていただいています。

                  貴重な玄米になります。30kg袋で4つの仕上がり量になりそうです。作付けをやめこの在庫が最後になる品種ですし、丁寧に販売していきたいと思っています。食べてみたいと思っていただいた方はぜひお早めにお知らせいただければ幸いです。


                  ブルーベリー残雪

                  野外に目を転じれば、ブルーベリー園はこんな感じ。まだ1mくらいの雪量です。


                  りんどう消雪材

                  そして、消雪材として堆肥を散布した早生りんどうの様子です。左の赤矢印部分が早生りんどうで堆肥を蒔いたところ、意義の緑矢印は晩生品種でほったらかしにしているところです。散布した方は20cmくらいは減っていますかね。お日様が照ってくれないことには撒いた意味がないんですけど。。。

                  いったい今年のりんどうはお盆需要期に間に合ってくれるのでしょうか。
                  posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 12:59 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
                  雪牢の里とはこういうことか
                  0
                    曲がったハウス

                    今日は午後から地元で会議のため、アルバイトの年次を取り、午前中ハウスの雪掘りに精を出しました。3週連続の週末の暴風雪で、ハウスの雪を掘る余裕もないままに、結局やっと昨日着手することが出来ました。

                    とはいえ午後から始まる講演会に行く予定があり、ちょっと手を付けただけで、今日、何とか本腰で最低限の雪掘りをすませたところです。ハウスの深いところはまだまだ2m以上の雪に覆われていて、パイプを何本か曲げてしまいました。。。平日にバイトに行っているので出来なかった、という言い訳は自然には通用しませんね。写真は今日18日の山ぶどうとアケビの棚にしているパイプです。

                    ここ沢内には「天牢雪獄」という言葉があり、犯罪者を沢内に連れて置いておけば、繋いでおかなくとも雪のため逃げられないだろう、というような意味だったと思いますが、現在では道路の除雪により市街地への往来は自由に可能です。が、そうして街へ出かけている間に施設が破損してしまうので、結局ここから離れられないだろう、ということなんですね。街で稼いでいる間に雪で破損して、修繕費を払うのは何ともばからしい話であります。

                    まあ今回の破損は経営上重要な箇所ではないけれど、抜いたり挿し直したりで2日くらいの労力は必要で、雪が解けてからの仕事が一つ増えました。また窓に付ける雪囲い板・金具の破損防止のための除雪も必要だし、水稲ハウスの雪掘りはまず施設の救出にめどが立った次の話であります。

                    昨日は久々に天気のよい休日で、雪を掘りたいのは山々でしたが、野口勲氏の講演会が紫波町であり、それに行く計画でしたので、子ども3人連れで出かけ、昼を食べさせ、会場のすぐ下のフロアにあった図書室に置いて、一人で講演を聴いてきました。

                    野口さんは固定種・在来品種の種屋さんとして有名な方です。当園でも岩手近郊の在来種のにんにく等にこだわりたいと思っているし、F1品種には違和感を感じる者の一人です。野口さんの熱意ある語り口は会場の人たちに強いインプレッションを与えたことと思います。質疑を入れて3時間はあっという間に過ぎた感じでした(その間子どもたちは何十冊も読書ができました)。

                    正直、ここまで盛会になるとは思っていませんでしたが、遺伝子組み換えも恐ろしい未来でありますし、意識の高い消費者が岩手でも多いんだなと感じました。田村和大さんという自然栽培を志向する若い新規就農者の方が主催された会ですが、消費者を大きく巻き込んでの開催に素晴らしい実行力と発想力を感じました。一層のご活躍を期待したいですね。自然栽培農家はとても増えていますし、勢いとしては「有機農業」以上のように思います。リンゴの木村さんの影響が大きくある気もいたしますが、この野口さんの功績も大きいでしょう。

                    TPPの雲行きも怪しくなっています。強い農業、攻めの農業などと言っておりますが、中山間地の農家にそんなに資本力はありません。政府とてわかっていることで、建設業等からの企業の農業参入を進めるねらいでしょうか。資本と人員を抱えた企業が規模の大きい計画で多額の補助金を得て新規ビジネスを展開していけば、家族経営農家の生きる道はどうなるでしょうね。現実にそういうことはかなり日常化しているのです。

                    小さく始め、風土や食文化とマッチした農業の形態、そういう部分をきめ細かく消費者と共感し合い、関係を築きつつ、農家の質素な生活が成り立てば、それで足りるのですが。。。そういうビジョンに在来の固定種は必須の手段であろうし、決して大規模さんは手を出さない分野でありましょう。量(出荷の箱数)で勝負するならば、揃いの良いF1種には敵いませんから。


                    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    未経験ゾーンの雪景色が
                    0
                      2013大雪1

                      晴れていますが、風が冷たく、雪が乗って頬に当たります。この2、3日でまた1mくらい積もり、今日は屋根から落ちた雪の片づけをしに苦労してここまで辿り着きました。1m以上の新雪を踏み固めながら歩行することはとても難儀で、疲れます。

                      屋根から雪がつっかえて落ちて来れなくなっては大変ですので、いずれ現場に赴いてこのつながりを断って、落雪スペースを作ってやらないといけません。またすぐに埋まってしまうのはわかっているんですが。

                      奥の作業場の右側へは、まだ行きかねています。とはいえ早めに除雪してやらないとますます屋根の雪がたまって、除雪する自分が危険な目に遭います。この小屋を建てててから最大級の状況ですが、役場の出す公式記録も更新したようなので、確かに17年生の住人にとっては未経験の最大の積雪量なのかもしれません。


                      2013大雪2

                      比較的楽だった住宅屋根軒下をすませ、向こう側を除いていますと、作業場へ当たった跳ね返りの雪が水稲用ハウスのてっぺんの高さまで壁を形成しています。

                      ハウスのこっちに黄色いものが2個見えていますが、庭木のプルーンに立てた雪囲いです。てっぺんがかろうじて見えるだけですので、3m近い積雪になっているということですね。


                      2013大雪3

                      普通に雪の上に立って撮った写真ですが、屋根が同じ目線で見えています。屋根の下端と同じ高さに立っております。この写真の建物の右側(東側)の落雪除去がくせ者です。写真では見えてませんが、厚いところで1m以上載っています。

                      屋根からの雪の方は午後に回すとして、まずこれからシャッター右のドアをあけに3m降りて行かなくてはいけませんが、断崖絶壁になっているので、けがをしないように階段を作りながら道付けをしなくては降りていけません。


                      2013大雪4

                      苦労して何とか絶壁を下り、ドアのある地上部分の立って振り返ったところですが、やはり3mはありそうな壁ですね。急峻な崖なので、雪を落として階段を作って下りてきました。上がるときの方が大変なのですが、アルミスコップをピッケル代わりにして登ります。作業場より物の運び出しをするにも、この崖登りがあるため、そこがいまの難点です。


                      2013大雪5

                      隣人のハウスが遠望できますが、もう少しで埋まりそうなところまで達しています。


                      2013大雪6

                      当園の田畑がある方向です。遠くにハセ柱が見えますが、短いですね。4mものを1m近く埋めているので、柱の地上部が3.2mくらい? 柱の辺りで積雪2mくらいに見えますが、ずっと手前の辺りはもっと多そうで、りんどうの支柱など完全に埋没していますね。3月になり固雪になれば現地にも行けますが、その前に温かい気温の日が続いて雪が解け締まることが前提の話です。いまは遭難に遭うだけでしょうか。

                      さて午後になり、空からの雪が混じって吹雪になりましたが、奥の作業場の屋根からつっかえた雪を片づけをせねばならず、1時間半稼いで戻ってきました。写真など撮っている余裕などありませんでしたが、滑り落ちる雪に埋もれてしまう(自分が)恐怖と戦いながら、落雪のスペースを頑張って作ってきました。

                      一番端の、屋根からのつながりの部分をスコップで断ち切った時に、ゴゴッと厚さ1m×数mの雪の固まりが落ちてきました。とっさに後方に逃げましたが、大して広範囲に広がってこなかったので、一命は取り留めたようです(というほど大袈裟なものではありません)。ただ、非常に寒い日だし凍り付いた形で屋根に密着していたので、今日は何をしても落ちては来ないだろうと思っていたのは外れました。まだペンキも新しいせいもありますかね。要注意です。

                      家から外界へ通じる私道の方の除雪は今日はやりませんでした。風が強く、1時間に10cmずつ吹きだまっていくし、切りがないので、それよりも建物を守る方の作業を優先にしました。子どもたちは部屋で大騒ぎして遊んでおります。何だか家族揃ってお腹の具合が悪く、今日は部屋で過ごさせました。明日は有機農研の総会が盛岡であり、それに連れて行く予定です。熱など出さなければ良いが、と思いますが、誰か一人が調子悪くなって計画がおじゃん、ということは小さいお子さんをお持ちの方ならよく経験されることでしょう(特に核家族では)。

                      いずれ尋常でない積雪になっていることは間違いありません。今日はパイプハウスの掘り出しまでは手が回りませんが、パイプを折り曲げられないよう注意深く観察することが欠かせないこの時期です。
                      posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 17:28 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |