Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
つかの間の盛夏の休日
0

    海水プール1

     

    当園の柱の品目であるりんどうが咲き始めてきて、夜なべ作業の日々が始まりました。もっとも、にんにくを掘った時から根切り皮むき作業等で残業はスタートしていましたが、いよいよ夏本番のお盆需要期りんどう出荷が開始しました。7月後半からの全国的な高温傾向で、逆に開花が抑制され、お盆需要期には十分な供給ができないかもしれません。できるだけそうならないように、水口から潅水をして、開花を促し、かつ圃場の冷却を図っています。30度超えが続くと花に白い花焼け障害が出るのも要警戒です。

     

    りんどうが始まる前に終えなければならないことを一つずつチェックして、取りこぼしなきように諸々の作業を進めてきましたが、農道の草刈りがちょっとだけ残ってしまいました。これからの1週間はもうりんどう出荷のことしか考えてはならず、咲いたものを無駄なく最大限出荷すべき、まさに1年の正念場の到来です。

     

    その正念場の直前ですが、夏休みも部活で出てゆく上2人の中学生から取り残された小3の娘と、約束の海に出かけてきました。

     

    場所は三陸海岸の久慈市です。「侍浜海水プール」というのがありまして、面白いかなと思ったことと、水族館の「もぐらんぴあ」に行ってみたいとのことで、ここ久慈まで3時間半かけてやってきました。が、グーグルマップで片道170km。ちょっとやはり遠出でした。

     

     

     

    海水プール2

     

    ここは岩場の中に平らな底のプールを作ってポンプで水を汲み上げています。海のすぐそばになんでわざわざプールを、と思われるかもしれませんが、ここは太平洋に面した三陸海岸です。私のように瀬戸内の穏やかな海辺を見て育った者には、直接目にするまではわかりにくかったことですが、波が荒いです。写真の裏側の海に接した岩場では、常に大きな波しぶきが舞い上がって、このプール脇の視野にまでも入ってきたりします。砂浜も三陸では少ないし、なかなか海=すぐ泳げるという感覚ではないようです。

     

    もっとも砂浜の海水浴場を最初から目指せばそれもまた良かったでしょうが、今回は水族館も見たかったので、こことセットになった次第です。

     

    うちの娘と、やや後に来た1家族の2家族で独占した海水プールでした(私は水には入りませんが)。

     

     

     

    琥珀

     

    さて、海水プールは気温の上がる午後からと思っていて、まずは午前中に手前になる久慈琥珀博物館を訪れました。長野の八ヶ岳に東側の町では黒曜石を見て土産も買って来ましたが、ここ久慈地方は琥珀の産地です。琥珀を使った立派な美術品も飾られてあり、土産のストラップのようなものも買って来ました。琥珀は樹液が元になっているということで、虫が閉じ込められているケースが多いようでした。

     

     

    琥珀チェス

     

    展示されているチェスの琥珀です。

     

     

    琥珀人魚

     

    こちらは人魚像ですね。

     

     

     

    ユラテ説明

     

    人魚像モザイクの説明文です。

     

     

     

    もぐらんぴあ

     

    さて、海水プールで泳いだ後に、久慈市の水族館「もぐらんぴあ」に来ました。震災で全壊し、再びリニューアルされて1年くらい経ったでしょうか。そんなに大きい水族館ではありませんが、岩手ではここが唯一ではないかと思います。このトンネル水槽が目玉のようで、3.11を生き残ったと言われるウミガメがいました。

     

     

    ダイオウグソクムシ

     

    こちらは、5年間何も食べなくても生き延びられると言われる、ダイオウグソクムシ。

     

     

    クラゲ

     

    クラゲのコーナーが充実していました。冬に行った江ノ島の水族館もそうでしたが、クラゲはブームのようですね。山形県鶴岡市のクラゲ専門の水族館が火付け役になったかと思いますね。

     

    もぐらんぴあのすぐそばの漁港で少しだけ竿を出してみましたが、アタリの気配もなく、すぐに納竿しました。

     

    久慈からの帰り道、新山根温泉(べっぴんの湯)に寄ったことで、行きとは途中まで違うルートで帰ることになりました。ナビのままに成り行きで進んでいたのですが、道路の半分が崩壊しているところが多く見られました。途中で大型車では通行不能との看板も現れて、思わず近くの商店にいた方に大丈夫か尋ねて、通れるよとのことで進みました。崩落していないところでも道幅は狭く、カーブはまさにヘアピンで、通行する車両もなく、霧も立ち込めて来て、満月がぼやっと木々から垣間見えたりして、緊張の走行となりました。平庭高原で、久慈から岩手町へ向かうメインの国道に連絡し、ホッとしましたが、結構な時間を要して、結果、帰宅も夜11時を過ぎたりと、スケジュール満載のハードな休日になりました。

     

    道路の崩落が多発していたのは2年前の台風10号による被害だと気づきました。岩泉町と接するこの久慈市も被災した地域が多かったと記憶しています。山根温泉から、その2年前の春に訪れた安家洞も比較的近いようで案内表示が多く出ていました。山根温泉から平庭高原へ抜ける道は交通量も多くないことから、復旧工事も遅れて現在に至っているのでしょう。

     

    カーナビに頼るパターンが多くなっているのですが、ナビの指示のままに進んで、土砂崩れで通り抜けできません、みたいに遭いどうにもならなくなるような可能性もきちんと理解しておくべきでしょうね。ドライバーとしては。同乗した娘も不安に思ったことでしょうが、これもまた思い出の一つでしょうか。。

     

     

     

    にんにく予定地

     

    さて、本業の方ですが、にんにくの次の植え付けの準備がすでに始まっています。土壌改良の意味で何も植えずに去年の秋から水を張って、今年の春には代かきもしてしっかり湛水したにんにく予定地です。7月10日に水を落水し、その後7月後半の好天続きでよく乾いてくれて、1回目の耕起をしています。水を落としてから10日後に耕耘できていますので、本当に天候には助けられました。

     

    湛水中にも一度米ぬかを散布しましたが、落水してからもまた精米所から収集できたので、全面に散布して、トラクターですき込んでいるところです。植え付けまでに米ぬかもの発酵も進んでくれるでしょう。乳酸菌の補給は大事ですね。

     

    お盆りんどうの出荷が終わったら、豚糞やカキガラ石灰を投入してしっかり耕運し、畝立てしてマルチを張って床作りをします。彼岸のりんどう需要期出荷が9月の10日頃からスタートしますので、休眠の浅いホワイト六片についてはそれまでに、9月になったら植え付けを始めてみようかと思っています。土の中で休眠が解けてすぐに発芽できるという環境を作る、ということですね。小屋内に貯蔵していれば、休眠が解けたとしても発芽は進みませんから、遅れるよりは早めに進めて、その後にりんどう秋彼岸出荷や稲刈りをやりましょうという計画です。いつもりんどう出荷を優先し、にんにく植えは後手に回ってしまうので。

     

    休眠の深い八木や八幡平はお彼岸の後の植え付けで十分です。早いとかえって土の中で腐敗してしまう心配もありますから。

     

    さて、岩手でもここへ来て本格的な猛暑が来ております。先週三陸へ泳ぎに行った時は、十分に気温が上がるであろう週間予報を念頭に入れて出かけたつもりでしたが、やはり寒かったそうです。三陸沿岸部はもともと夏は気温が低めですし、この日も最高気温が26〜27度という感じでした。

     

    今度は三陸より温度の高い秋田へもう一度行こうかと計画しています。お盆出荷が終わってからですが、秋田もそれまでは暑さが続いていて欲しいです。予報では来週辺りから気温が低めになるのではと懸念されています。盛岡などの内陸部では昨日35度に達したようですが(ここ沢内では今季最高の31度)、関東や関西の傾向とは完全に違った世界ですので、すぐに寒くなってしまうのですね。少なくともお盆が終わりすぐ2学期が始まってしまう、その時まではいわゆる猛暑を引きずっていて欲しいと願うのですが、こう言えば炎天下で復旧作業を続けられる豪雨被災地の方には申し訳がありません。日本列島の南北の気象格差が顕著な昨今です。ここ沢内では本当にいまの気温は稲にとっても貴重ですし、毎日スクールバスでプールに通う小学生にとっても貴重な日々なのです。部活で野球をする長男にはしんどいことでもありますが。。。

     

    今日から8月ですが、昨日よりは涼しい感じで正午現在で28度になっています。

     

    今日もりんどう圃場に水を入れ、圃場を冷やしつつ、開花を促進させようと努力しているところです。

     

     

     

     

    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422538
    トラックバック