Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
一気に春の到来
0

    一本桜2018

     

    いつも撮影しているわが家独占の一本桜が今年も咲いてくれました。当園の畑のアングルからの眺めでは、雑木林を背景にこんもりと丸っこい形が綺麗です。この花の満開とともに、りんどうの「芽かき」という1か月(この作業だけで30日要す)に渡る春の大変な地道な作業が開始します。

     

    とはいえ、今年は雪が多くて、消雪は去年や一昨年よりも1週間遅れました。その分外の農作業は遅れているのですが、3月以降、比較的暖かい日もあったので、雪に覆われる地べたと違って、こうした木々の花や芽吹きについては、さほど遅れずに例年並みとなっています。

     

     

     

    カヌー1

     

    さて、そんな中、ゴールデンウィークが来ています。中学校の上の2人はずっと部活で、小3の下の娘が家にいるというパターンでして、29日の朝、町内「廻戸」の写真家・瀬川さん所有のカヌーに乗せてもらう催しに参加して来ました。息子さんの瀬川然君に後ろで漕いでもらい(後ろは舵取りコースを決める役目とか)、私が先頭で、真ん中が末娘の3人乗りです。写真は娘が撮ったものです。廻戸川になりますが、錦秋湖との合流地点から上流に向けて漕いで行きました。早朝が素晴らしいとのことで、朝6時から約1時間、のんびりと楽しんで来ました。

     

    連休を過ぎて5月半ばになるとダムの放水により錦秋湖の水位は下がっていき、下旬にはすっかり減ってしまいます。いまの時期は豊かに水を湛えているため、カヌーには絶好の季節だそうです。滝のように沢から水が川に落ちていくのが何箇所もありました。

     

     

     

    カヌー2

     

    最後に錦秋湖に出て、そちらからいま漕いで来た川の方を振り返ります。ちょうど北上線の汽車が来て、これも娘ですが、うまく撮影できたようです。この線路と並んで向こう側にR107号があり、いつもそこを車で走りますが、もちろんこちらから汽車を見るのは初めてですね。

     

     

    カヌー後の朝食

     

    カヌーの後は朝食をいただきます。瀬川陽子さんの手作りのメニューで、時期の山菜や和え物、大根の一本漬けのアレンジ品、湯田ヨーグルト、などなど、美味しくいただきました。ふだん全くないことですが、娘は味噌汁のお代わりをしまして、やはり子どもの舌は何か初めて味わう美味しさ(あるいは苦さとか、まずさもでしょうが)を敏感に感じるのだと思いました。その点で子どものうちに食べさせたい、あるいは食べさせたくない味というのはありますね。

     

     

     

    廻戸のカタクリ

     

    これも娘が写した廻戸の瀬川さん宅そばのカタクリです。いまが盛りです。

     

    その後、朝5時からカヌーに乗っていて、この朝食時に同席した青森県田子町のにんにく専業農家、種子さんという方が帰路に当園に来訪して、にんにくについていろいろアドバイスをしていただきました。岩手ではにんにくの産地もなく、詳しい専門家とか普及員等もいませんで、いろんな作業手順などもわからないことだらけでやっているという感じがあります。ちょっとした会話からも「ああ、そうか」ということがわかったりして、私には大変勉強になった機会でした。

     

    いつかにんにくの本場・田子の「種子にんにく農園」の圃場も見せていただく機会があればと思います。

     

     

     

    クリスマスローズ

     

    さて、こういう雪国では、春の花は一気に咲いてくるもので、庭のクリスマスローズは今年も綺麗に咲いてくれました。

     

     

     

    福寿草2018

     

    福寿草もいまが盛り。葉の方にピントが合ってしまいましたか。

     

     

     

    行者にんにく

     

    行者にんにくも顔を覗かせて来ましたね。

     

     

     

    苗2018

     

    水稲苗の様子です。いつも稲の種まきをすると、4月後半に必ず寒気が1週間くらい居座って、雪がちらついたりなどして、芽出しにやきもきするのですが(うちは種まき後すぐに並べる平置き出芽法です)、今年はまあまあ〜やや高温で推移して、無事芽も出揃って、現在は水も入れてプールにしています(1.5葉頃にプールにするということで、いきなりプールにすると発芽不良になります)。

     

    左全部と右の奥の少しがいわてっこ、右の大半がひとめぼれです。比率は2.5:2という感じで去年よりもひとめを増やしました。去年は冷夏であったこともあり、元々穫れ高が少なかった米の在庫量はだんだん乏しくなって来て、ひとめぼれについては、秋までルーティーンの方への出荷で尽きてしまう在庫量です。

     

    労力を考えると、現在の作付けを増やすこともままならず、面積でなく反収を上げる方向の努力を傾けていきたいところです。限られた圃場で作付け品目のせめぎ合いになっています。

     

     

    たらの芽の芽吹き

     

    たらの木も芽吹いて来たし、芽を間引いたり、放置したままの細い幹を伐採したりの作業、ブルーベリーの剪定もしなければなりません。

     

     

    たらの芽摘み取り

     

    ふかし栽培のたらの芽もまだ最終盤で出荷になっていますが、畑の方も芽吹いて来ており、収穫しました。頂芽になりますが、これは昨年の秋に、細いということで伐採をせずに畑に放置した幹が芽吹いたというものです。まず頂芽が食べごろになって、側芽が次々と膨らんで来ており、これを放っておくと細い木になってしまうため、下の1芽のみ残して木をカットします。

     

     

    畑から採ったたらの芽

     

    水槽での栽培と違って赤みを帯び、トゲもしっかり付いています。こういうののみをいまの旬の時期に出荷するというやり方もあるかもしれませんが、2月〜4月の仕事を作るという意味で、需要もまたその時期にあることから、ふかし栽培は当園には必要な品目です。

     

    稲作部門では、米ぬかボカシの仕込みを昨夜スタートさせました。1週間後には田に投入できます。堆肥も散布しますし、下旬の田植えの時期までに育苗と歩調を揃えて進めたいですね。

     

    連休後半だし、もう1回末娘と行楽もしたいところです。

     

     

    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 13:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    冬は信州にいらしていたんですね。
    私はここ数年は近場のスキー場へ行ってます。寒天作りは寒さが厳しくないと成り立たないので大変でしたね。
    今年は春が早くて 農作業も駆け足であっちの畑、そっちの畑と移動してましたがここに来て 田植えの準備優先になりました。
    子供さんたちも大きくなられて頼もしいですね、どうぞ、お体を大事にして下さい
    | ノリッチ | 2018/05/08 5:45 PM |
    ノリッチさん、おはようございます。

    この冬は諏訪地方も寒くて、寒天には好条件でした。70日いました。

    こちら雪解けが遅く、りんどうの進みはまあまあなのですが、作業の方が遅れていて、あっちこっちの作業が慌ただしく同時進行しています。大雪で支柱もかなり折られ、支柱の打ち直しが大変でした。
    | 渡辺 | 2018/05/09 7:47 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422534
    トラックバック