Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
雪国のシューズボックス
0

    シューズボックス1

     

    当園のホームページでも一部作品を掲載している、子どもたちの片袖机を作っていただいた町内の木工作家竹澤直樹さんに、下駄箱を作ってもらいました。家を建てたときに大工さんに市販のものを取り付けてもらっていましたが、重量感がなく、ずっといい物が欲しいと思っておりました。最近引き戸の具合もよろしくなくて、思い切って制作をお願いし、お盆休みに搬入していただきました。

     

    世界に3台しかない17年前の設計の下駄箱で、ブナの無垢材になります。下駄箱の天板というのは、一時的な物置き場として、ハンコを着いたりする場として、何かと存在感のある場所と思っていました。そこをしっかりした板で作ってもらいました。特徴ある棚の戸や、左側面の作りも気に入っています。前もって寸法を測ってもらい、ブナ材で作ってもらえて、嬉しく思っています。

     

     

    シューズボックス2

     

    一段ずつ、戸が上に折れ曲がって開閉できるタイプの設計で、90度曲がるためのビスが内蔵されているのですが、これも木で作られています。万一このビスが壊れた際の修理のために、接着剤を使用しない組み立てになっております。もちろん、片袖机のときと同じく釘は不使用です。ちなみに、片袖机についての記載はブログのこの2か所で紹介しています(▶上の子2人2台▶下の子の机)。

     

     

    シューズボックス3

     

    一番下はこのように長靴などを地べたに置いて、戸だけが付いているという形です。日々長靴をその都度下駄箱に締まったりしませんし、冬などこの戸は開けっ放しにしておきます。置くのは直接のコンクリだし、靴底の雪や水分が下駄箱を汚すこともありません。この辺りが雪国らしさを感じさせる気がします。

     

    狭い玄関スペースですが、充実感を覚えております。

     

     

     

    彼岸りんどう

     

    さて、本業の方ですが、彼岸りんどうから極晩りんどうへと移行しています。今年はお盆も彼岸も大幅な前進出荷で、肝心の最需要期に物流が少ない、という大変なシーズンです。夏秋とも出荷量のピークが需要期でないときに来てしまうので、価格が暴落し、ほとんど手取りがない状態になるわけで、りんどう農家としては落胆しかありません。これだけ汗して働いているのに。。

     

    ただ彼岸需要期については、当園では、彼岸に続く次の品種が前倒しにより彼岸需要期に当たってくれたため、需要期にも出すものはたっぷりあったのですが、その前の暴落期に大量に出した低価格を取り戻すには至りません。

     

    いずれ20日の出荷で彼岸需要期も終わり、現在また値段は下降しています。

     

    写真は「いわて夢みのり」といって、通常9月25日頃にピークが来る品種で、彼岸需要期後の出荷ですから、去年など本当に安くてやる気を削ぐ品種でもありました。が、今年は需要期にかぶってくれて、ああ植えておいてよかったな、という感じでもあります。通常、西和賀は大家族農家が多くあり、昨今は集落営農などで、1軒あたりの規模が大型化する傾向です。こういうスタイルの人たちは、人海戦術ですからお盆と彼岸の値段のいいときだけを狙った品種を大量に作付けする傾向となります。加えて彼岸期以降は稲刈りとぶつからないよう、10月以降出荷のものに絞るようです。反面、当園のように1人農業をやっているような零細農家では、モノ日だけに大量には出せないので、細く長く、いつも途切れなくというスタイルの植え方をしています。稲刈りやにんにく定植とかぶりますが、規模が小さいので小回りが利きます。今日も安くなり始めたりんどう採りを犠牲にして、小麦を蒔いています。

     

    値段が良いときもあれば悪いときもある。そのこと自体は不変なので、年間を通じてコツコツ地道に出荷していれば、どんな年でもりんどうは安定した収入が確保できる品目でもあります(今年は極端でちょっと異例ですが)。お盆と彼岸だけに特化して儲けようとすると、今年のようなことになってしまい、安いときだけしか出せなかった、ということが起こります。大きな人件費を抱える大型農家ではそれは経営をぐらつかせる要因になり、リスクです。いずれ今年のりんどう平均単価はすごく低くなるであろうことは間違いありませんね。

     

     

     

    小麦蒔き溝

     

    りんどうの出荷は続きますが、小麦播種・にんにく植え付け・稲刈りという最大の繁忙期に入っております。その準備がまず大変です。小麦畑はトラクターの尾輪で蒔き溝を作り、そこに手で蒔いていきます。トラクターで耕起するにも耕耘幅をダブらせながら溝を作っていくため、通常の耕起の2.5倍くらいの時間を要します。が、鍬などで溝を掘っていたら、もっと膨大な時間がかかりますし、トラクターは乗車しているだけなので、楽でもあります。中ほどに畝の広い部分が見えていますが、これは最後に耕耘した場所で、最後は狭く尾輪をつけることはできないので(これがロータリーの幅)、長靴等で踏んで跡をつけ、その溝に蒔いています。

     

    その他、にんにくについては、7月の収穫後に米ぬかを投入して耕起、8月の下旬には堆肥と苦土石灰と豚糞を入れて2回目の耕起、そしてこのほど先週の木曜日ですが、最終耕起し、畝立て機で畝立てしました。現在時間を見てマルチを張っています。

     

    稲の方は、稲刈りに先立ち、ハセを昨日から組み始めています。いずれ本作業に着手する前の準備作業に追われていて、逆にストレスになります。あれこれが同時進行で、てんやわんやですね。本作業が開始すれば、少し落ち着いた気持ちになりますが、先立つ段取り作業が肝心です。。それら秋作業はまたお伝えし、今回はまず雪国シューズボックスのご紹介をメインの話題とさせていただきました。

     

     

    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422507
    トラックバック