Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
夏が終わります
0

    水族館

     

    夏が終わり、昨日から秋になりました。岩手県内で大きな被害をもたらせた台風もこちらでは全くと言って良いほど影響もなく、翌日から残暑が戻ってきています。それにしてもだんだんと被害の拡大が報道されてきていて、衝撃を深くしています。

     

    8月は光ケーブルが切れてしまうという事故があり(室内で)、2週間もの間、電話とインターネットが繋がらないという状態が続いていました。連絡をつけてケーブルを発注するのに1週間、そしてケーブルが到着するまで1週間を要しました。時々家内の携帯からメールサーバーを覗いたりしていましたが、画面も小さく、返信メールを打つのにも大変な苦労を感じました。

     

    その間、ブログはおろか本体のサイトの方も更新ができないでいましたが、まず小麦の脱穀が終わって選別もすみ出荷できる状態になったことと、お盆過ぎからと言っておりました「黒にんにく」も仕上がってこちらも販売が可能になったことを、回線復旧後、すぐに更新してお知らせ申し上げました。本年作もどうぞ宜しくお願いいたします。

     

    さて、子どもたちも夏休み後半となる8月10日ですが、仙台に今年新しくできた「うみの杜水族館」に出かけてきました。ふだん8月10日というとお盆出荷のりんどうの最盛期であり、とてもお出かけの余裕などあり得ないところですが、今年は大幅に前進化し、1週間前の8月5日頃に最大となったため、ちょっと農家としては残念な夏になってしまいました。翌日の11日は山の日ということで祝日であり、その後はお盆ということで、10日しかないなと思っていて、行ってきました。

     

    入り口からすぐ隣のエリアの大水槽がいきなり眼前に広がり、これは大迫力で見応えがありました。

     

     

    イルカショー

     

    イルカショーもまた大迫力で、これも大満足です。陳列の点数も多く、午後2時〜6時までたっぷり4時間をこの水族館で過ごしました。

     

     

     

    銭湯

     

    仙台旅行なので、帰りは遅くなりますし、仙台市内で事前に検索していた銭湯に入ってきました。温泉や新しいタイプのお風呂は結構あるのですが、この昔ながらの銭湯は探すのに苦労します。20年前に東京にいた時は三軒茶屋界隈にごく近いところで3軒ありましたが、いまはどうなっているでしょうか。盛岡でも減っています。

     

    子どもたちには、「テルマエ・ロマエ」で理解されているところです。腰に手を当ててフルーツジュースを飲みました(1本130円でした)。

     

     

     

    ぐりとぐら

     

    水族館に行く前になりますが、宮城県美術館で「ぐりとぐら展」を見てきました。ぐりとぐらの原画でして、点数も多く、結構上の子は保育所で読んでいて知っている本が多かったです。宮城インターを降りてすぐにトンネルの直進道路があり、それが終わったところに美術館がありますが、このトンネルがかなりの渋滞で、しかもその後に美術館に行くために結構な大回りを強いられたりし、時間を使ってしまいました。

     

    なお、この美術館から水族館までの道も簡単ではなく、道を知らない旅行者にはナビの必要性を大いに感じたところです。後半慣れてきて、水族館から銭湯までは地図をキッチリ把握してその通りに到着することができましたが、美術館から市街地を経て水族館方面へ向かう道へ辿り着くのには苦労しました。

     

    帰宅は11時頃になりましたが、まあ楽しい夏休み旅行となりました。

     

     

     

     

    熊被害

     

    ケーブル断線で夏の報告もいろいろ遅れております。町道沿いにある軽自動車用サイズの小さい車庫なんですが、夏場はいろいろ物入れとなっていて、りんどうの出荷ポイントにもなっています。8月9日早朝、ここに入れていた豚糞を熊に食われるという被害が起こりました。簡単な小屋ですが、波トタンの外壁のつなぎ目をベリベリと剥がして、手を伸ばし中の豚糞を外に引っ張り出そうということでした。剥がされたトタンの内側には縦横に組んだ垂木が邪魔をして体は入れなかったはずですが、よくも手が届いたものだというくらい、内側に置いたものまで掻き出して悪さをした様子がありありと残されております。。

     

    しばらく前に北上市に出た際に買って置いておいたもので、臭いも結構していましたので興味を引いたのでしょう。あまり長期間置くのは良くないと感じました。

     

     

     

    麦脱穀

     

    お盆の仕事は何と言っても小麦の脱穀です。今年は最多品種となり「南部小麦」「アリーナ」「コユキコムギ」「ライ麦」の作業となりました。

     

     

    麦選別

     

     

    5年前くらいまで稲に使っていた小規模の籾摺り機を小麦の選別専用として使用しています。小麦はハーベスタでの脱穀時に既に玄麦として集められているので、一緒に混じっている茎や穂の殻を取り除くことが作業内容になります。機械に備わっている再び回収してインペラにかけるための戻りのパイプが詰まりやすいため、取り外しまして、手前の樽で受けています。ワンチャンスの選別作業になり、これを2回繰り返します。奥の方の樽には綺麗な玄麦のみが集められますが、1度の作業工程では残茎などはまだ残っているので(それが手前の樽)、それを2度目の工程にかけるという作業です。これで、ほぼ綺麗な玄麦のみが入手できるわけです。

     

     

     

    南部小麦玄麦

     

    集められた南部小麦です。既に古い品種の部類になる南部小麦で、最近は新しい品種に押され作付けも減っているようです。農家としては新しい品種ほど以前のものを凌駕している、より上位の品種と考える傾向がありやむを得ない面もあります。収量も高く穫れたり、病害虫が少ないなどの利点があれば、それが正論でしょう。

     

    とはいえ、南部小麦は岩手の食文化に根ざした伝統ある品種であり、当園のサイトでもやはり注文は多くいただきます。中力の粉になりますが、味わい深いものを感じています。

     

    玄麦でのご注文が多いですが、秋から冬にかけては盛岡方面へ出る機会も多く、すぐれた製粉所がお隣雫石町内にありますので、製粉希望の方は小麦粉としてもご注文いただけたら、お時間は頂戴いたしますが、対応させていただきます(1kgあたり約100円の製粉経費の実費は別途いただいています)。

     

    ちなみに、雫石の製粉所「高村製麺所」は昔ながらの製粉機で、小ロットにも対応してくれて、かつ品質も素晴らしいと思っています。頼んだ小麦粉は精白した小麦粉とフスマとが別袋に分けられて出来上がってきます。両者をお好みで混ぜて全粒粉にしていただくのもよろしいかと思います。ちなみにフスマの比率は15%以上もあり、お米の米ぬかよりは若干多くなっています。

     

    それにしても、岩泉の被害がどんどん拡大していて残念な気持ちでいっぱいです。春に訪れてブログでも紹介した安家洞のある安家地区も孤立があるようですし、お昼を食べた道の駅岩泉のあたりはまさにグループホームがあった地区になります。今日のニュースでは、あの「龍泉洞」は水が中から逆流して入り口から外へ溢れ出ているという途方も無い事態になっているようでした。数年前(震災の年)の夏に、確か電飾設備が新しくなったという頃に出かけましたが、その照明の設備もダメになっていると想像されます。

     

    安家洞についてはまだニュースは聞いていません。入り口はちょっと高台だったので、こちらは被害はなかったかもしれません。そう願いたいです。とはいえ観光地よりも人や住宅の方が心配です。

     

    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 13:31 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    ご無沙汰しています。西和賀方面は無事でおられた様子、安心しました。
    最近はスマホでパソコンを使わないもので、アドレスもわからずファクスで災害状況をお聞きしようとも思ったのですが、それどころじゃなかったら困ると遠慮してました。
    旅行も楽しめたみたいで何よりです。
    今年は花の生育が早くて、お彼岸用が終わりました。
    そちらはどうですか?
    | ノリッチ | 2016/09/05 5:49 PM |
    ノリッチさん、ご無沙汰しています。台風はギリギリまでこちらが直撃の予報でしたが、北にそれて無事でした。りんどうも風に弱いですよね。

    彼岸用品種が、まさにいまピークです。長野も前進でしたか。来週一番の時に出せるものがあるかどうか。。。極晩の咲き始めが少しでも需要期に重なってくれればと願っています。
    | 渡辺哲哉 | 2016/09/06 7:51 AM |
    こんにちは。
    テレビでは西和賀の中継もされていたので案じていましたが、ほっといたしました。
    東京の岩手物産館の牛乳、ヨーグルト売場はからっぽです。
    岩泉も、それからほっとゆだあたりの厚子も、くずまき牛乳も欠品しています。
    それぞれに被害が拡大しているのだろうか、と案じています。


    渡辺さんのところは無事で安心いたしました。
    ぐりとぐらのホットケーキはおいしそうですね。
    | おおくぼりか | 2016/09/06 4:36 PM |
    大久保様。おはようございます。

    西和賀としては無事でしたが、岩泉の報道は毎日続いています。映像を見てもも本当にすごいですよね。岩泉乳業は例のグループホームの近くなので、壊滅的だそうです。それ以外の県内の牛乳工場はは大丈夫と思いますが、厚子がありませんでしたか。厚子さん、よく知っています。

    ぐりとぐら展は点数も多く、味わいのある原画でした。
    | 渡辺哲哉 | 2016/09/07 7:53 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422506
    トラックバック