Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
山里小学校の入学式
0
    入学式

    昨日は一番下の子の小学校の入学式に出てきました。一番上の子の時も記事に書いていましたが、その時は合併前の最後の「猿橋小学校」で、1年生は4人でした。この同じ体育館でしたが、いまは旧沢内村で1校となっていて、今年の新入生は22人です。湯田の方の情報はわかりませんが、西和賀町で40人くらいということになりますか。


    卒園式

    先月には6年通った保育所を卒園でした。旧沢内に保育所は3箇所あり、その一つ、「栴檀(せんだん)保育所」です。満1歳から預けられるので、4月上旬生まれの末娘は小学校に匹敵する6年間通ったことになります。これでわが家も保育所卒業となりました。


    実験室

    私の方は、3月末をもって冬の盛岡での土壌分析も終了となり、農家に戻って1週間経ったところです。実験室ともお別れ。島津社の総合分析計が壊れずにいてくれるよう願うところです。奥に見えるCECの測定装置を導入して2冬目でしたが、その前の2回濾過の簡易法の時よりも正式の測定になっただけでなく、こなせる点数が増えたメリットもありました。


    3.11半旗

    3.11の日の実験室から見た県民会館は半旗の掲揚でした。2:46にはすぐ隣の盛岡市役所からサイレンが流れました。あまり聞きたくない音ですね。高校野球のサイレンには情緒を感じますが。。


    尺イワナ

    春休み終盤の4月5日、家の前で息子が尺イワナを釣りました(尺にはちょっと足りなかったか)。餌はミミズです。この時期は水量も豊富で、魚もまだボケっとしてるんでしょう。釣るならいまですね。


    ヤマメ

    ヤマメも釣りました(息子です)。イワナしかいないと思っていましたが、ヤマメと共存地帯だったのですね。ヤマメは斑点が美しいです。


    アナムネーシス

    さて昨日入学式を迎えた末娘ですが、その前の日に、勉強とは何かを少し話して聞かせました。娘の名前に「想」の字が入っていることに触れて、生まれてくる前に人間は天使であり、天使は世の中のこと全てを知っており、しかし生まれてきた時に全て忘れてしまった。それで、勉強して習っていくことは天使の時に覚えていた知識を一つ一つ思い出す(「想起する」)ということで、学ぶ=想い出すなんだと話したところ、入学式の朝に詩を書いていました。話を理解してくれていたようで。私の脚色も入っていますが、元はプラトンの想起説のことです。仮象に囚われず「イデア界」を想起する子になってほしいものです。もっとも歴史とか社会科には当てはまらない面もありますが。。

    「想起」=「アナムネーシス」は娘のギリシャ名になります。長女は「ソフィア」と言うんですが。

    昨日、一昨日の雨で雪も完全に消えて、外仕事ができる時期になりました。薪割りなどもこれからの作業としてありますが、まずは稲の種まきを早く終わらせて、りんどうの作業に着手したいと思います。たらの芽もまだいっぱい採れますので、今月いっぱいは引き続き宜しくお願いいたします。出かける用もあり、雪が解けたことでかえって焦りを感じてしまいますね。


     
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422501
    トラックバック