Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
小麦の脱穀
0
    南部小麦刈り取り

    切り花りんどう栽培をしている当園では、8月上旬は大変な農繁期となり、ジャガイモなど他の収穫、にんにく等の出荷、草管理、ブログ記事なども一時中断しておりました。

    りんどう出荷期を迎える前に諸々のやるべき作業を終えること。。田植えやりんどう定植など植え付け作業が一段落した7月ですが、綱渡りのように次々と多様な作業を進めていかざるを得ず、のんびりとはしていられない小規模農家の日常なのでしょう。結局いつも毎日が農繁期なんですが、まずは今年は好天に恵まれたため、7月のにんにく収穫と小麦の刈り取りの作業スケジュールは円滑に進み、収穫も例年より数日早く行うことができて、気分的には楽でした。

    そしていま、りんどうのお盆出荷作業もまずは一段落し、7月中下旬に刈っておいた小麦の脱穀の段取りとなりました。

    当園では稲刈りと同様に、小麦もバインダーで刈って、それをハウスの中に設置した金属製のハセに掛けて自然乾燥させています。稲よりは茎も細く束の数も少ないので、作業は早く進みますし、そもそも全体量が少ないのでいろんな作業の合間に行っていました。


    ハセ掛け南部

    メインになる品種の南部小麦です。写真は刈り取りの直後です。岩手の味の良い小麦として根強い人気があり、当園でもメインの作付けとなっています。


    ハセ掛けライ麦

    こちらはライ麦。非常に背が高いです。


    脱穀時のライ麦

    脱穀日を迎えた昨日のライ麦。とても美しいゴールドな風合いです。


    ハセ掛けコユキ

    コユキコムギです。平泉の農家から分けていただいた種の2作目です。


    にんにく乾燥中

    これは乾燥中のにんにくで、この18坪の狭い乾燥ハウスには小麦とにんにくを同時にハセ掛けしております。出荷用はネットに入れて二つ折りにして掛け、乾燥が終わった現在はネットに入れたまま氷温冷蔵庫に入庫貯蔵しています。種用は黒いカゴに入れて、作業場の中、常温で貯蔵しています(ケース3段にコンパネを乗せてりんどうの選別台になっています)。


    小麦脱穀2015

    そして昨日の8月16日、天気も良く、脱穀を行いました。運ぶ労を少なくするためなるべく小麦の近くで行い、ハウスの中から排塵を外に向け行いました。


    小麦選別2015

    脱穀後、今度は殻を飛ばす作業です。脱穀により稲は籾になりますが、小麦は直接玄麦になります。ただ折れた茎や穂の残骸などが多く混入するために、選別を行わなくてはなりません。昔なら唐箕でやったでしょうが(当園にもあります)、時間がかかるので、現在は小型の籾摺り機を使用しています。選別といっても米のように屑米を除去する意味ではなくて、ゴミを取るという感じでしょうか。

    稲の籾とサイズが違うため籾のついたアラを選別する網は関係なくて、網の上に残って再び籾摺り工程に戻っていくラインに流れるものを、戻さずに、収穫物として袋で受けています(写真下の方のコンバイン袋)。網の下に落ちたものは上の正規の排出路より受けています。大型農家はどうのようにやっているのでしょうか。

    夜8時までかかって、今年の小麦も出荷準備が整いました。今朝ほど計量してみましたが、やはり大した量ではありませんでしたね。。。肥料も有機だけで、しかも積雪地というこ不利な点もありますが、計ってみるとおよそ1アールで10kgという感じになります。

    大量の生産出荷を目的にしているというよりは、にんにくとの輪作に植えている意味合いもあって、にんにくと小麦を交互に植えることでにんにくが連作障害を起こさないようにという狙いもあります。とはいえ、消極的な意味で栽培しているわけではなく、なぜか小麦栽培には惹かれるものもありまして、いまはごくごく少量ですがコユキコムギやライ麦も植えております。まだ種を増やしている段階です。南部小麦もいつも早期に売り切れてしまうので、今後少しずつ面積を拡大していきたいと思います。

    また、もしこれが、じゃあ雑穀などもやってみれば? といった方向も考え得るわけですが、雑穀は機械での作業がまた別に必要となってきます。現状ではすべて手作業になり、時間が取れません。何といっても小麦は稲作の機械が使えるのが最大の強みになります。



    ヤマナシ2015夏

    余談ですが、盛夏のイワテヤマナシです。定植後まる2年経ち3年目を迎えた今年は生長の進みが旺盛のようです。フルーティな香りの良い実がなるのを楽しみに待っています。

     
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 野良仕事 | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422492
    トラックバック