Search
岩手の天気予報
ブログを移転しました
▼現在の奥羽の山里新着情報館

2019年3月からサイト本体と新着ブログを同時に移転しました。本体のページと併せまして、最新の記事はこちらからお願いいたします。

奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
ブログを移転しました
▼現在の奥羽の山里新着情報館

2019年3月からサイト本体と新着ブログを同時に移転しました。本体のページと併せまして、最新の記事はこちらからお願いいたします。

Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
草刈りと草取りの毎日
0
    南部小麦初夏

    ちょっと時間が経ってしまいましたが、小麦の開花期の写真です。わりあい順調に伸びています。盛岡ではもう麦秋という感じで刈っても良さそうなくらい茶色になっておりましたが、こちらはまだ3週間くらい先、いつも7月15日が南部小麦の刈りどきになります。

    田植えやりんどうの苗の植え付けが終わり、植えるものが終わって除草など管理の日々になっています(最後にアスパラ苗植え付けとにんじん播種が残っているのですが)。一見楽な時期のように見えますが(そういう人もいるかもしれませんが)、7月になるとニンニクや小麦、極早生りんどうの収穫期になり、必然的にこうした作業の間は管理のメインである草取り作業は中断することになります。宿根草であるりんどう畑のあちこちで経年の草の暴走が起きてもいて、いましっかり草取りを進めなければ、と切迫感に責め立てられています。。

    タチの悪い雑草はいま時期の1%の取り残しが8月以降空間的に広がって巨大なジャングル化をするので、そういう草はいまのうちにゼロにしておかなくてはいけません(無理ですが)。田んぼでもこの2週間が草取りの勝負どころで、この結果で収量が決定します。いずれ7か月の農シーズンです。無雪期に休む暇など、あるはずがありません。

    2週間という時間は作業の進行上大きな違いをもたらします。この間に草の生育は実に著しく、過ぎてしまえばあっという間ですが、2週間前というのは遥か昔のような感覚を覚えるものです。雪が降ったり土壌分析をしていた3月4月の頃など大昔のような時間感覚です。農業でも例えば酪農だと同じような作業が日々続くので、いわゆる普通の仕事のような時間の流れで進むのかもしれません。日々作物が変化していき、作業が変わっていく仕事は、何だかアインシュタインではありませんが、時間の伸び縮みがあるのでは、とさえ感じられます。


    南部6月25日

    南部小麦、上の写真より9日後の現在です。


    アリーナ6月25日

    こちらは極晩生になるアリーナ小麦のいまです。これは7月末の刈り取りになります。まだまだ青みが強く、穂が出てからも背が伸びていきます。


    マイマイガ

    ブルーベリーやヤマナシの大敵、マイマイガとの戦いはまだ続いています。週末に子どもたちを気分転換にと、地元の公園にあるジャンボ滑り台に連れて行ってやったところ、マイマイガが多すぎて営業中止とのこと。2年続きの大発生になっていて、実は管理を今年はかなり徹底しているブルーベリー園も、実のなり具合がいまいちでありまして、去年花芽を食べられたことの結果がいま現れているということなのかもしれません。。今年しっかり管理すれば、来年は良いのかもしれませんが。。


    ニンニクの芽

    ニンニクではトウ摘みの時期になっています。まず八幡平を10日前にやり、いまはホワイト六片が立ってきています。白い塊部分は「ムカゴ」と呼ばれる種が詰まるところですが、これを切り離した上下の部分は炒めると中華風味で美味しく食べられます。塊の下の太い部分をニンニクの芽として売っていますが、大量には出回ってきませんね。これを摘み取らないと、この芽(トウ)に栄養が行ってニンニクが小さくなっていますので、絶対必要な作業になります。


    たらの木6月25日

    畑に植えた小さなたらの芽が芽吹いてくるのが今年は5月15日頃でありましたが、その芽が1か月余りでもう立派な木になっております。これからしばらくは畑から家が見えなくなり、それはちょっとだけ残念です。


    除草機

    田んぼの除草も最盛期。昨日全ての田のすべての列に2回目をかけました。ほぼ1日仕事です。たぶんこれでもうやれないでしょう。あとは時間を見つけては個別にひどいところだけ株間などの手取り除草になります。来月中旬には中干しに入りますので、それまでが除草の勝負期間になります。

    評議委員をやっている老人福祉施設の研修で、職員全員が経営感覚を持って収支の計画や結果をきちんと記していくような意識の向上を実践している施設を訪れてきました。

    その理論を「アメーバ経営」というそうで、当然農業経営の場でも役立つ理論であるわけですが、いかんせんうちのような農業は月単位での収支計画が立たないので、日々コスト意識を持ちつつ、日誌を克明に付けていくという以外には、なかなか経営をシステム化して改善していくのは難しいかもしれません。。経営主である自分が経営意識を持たないはずもないし、多くの職員が在籍する場所での労務管理・経営意識の向上というのは、まあ縁のない話かもしれませんが、話としてはとても面白かったです。

    一関市だったので、その後に猊鼻渓(げいびけい)舟下りを楽しんできました。切り立った岸壁を背景にゆっくりと船が進んでいく様は、何だか映画のカメラが進んでいくような臨場感がありました。船頭の話術も、歌声も最高でしたね。

    今日の午後は息子と3時間の田の草取りに挑戦します。ドラゴンクエスト10をキッズタイムのうち1日40分だけと決めて姉と息子の2人でやっています。MacをBootcampでWindows8.1にして、PCソフト+オンラインという形でやっております。ハード面は一切かかっていませんし、まあ私もやっていたので、息子が真剣になる気持ちはわかります。

    現在Version2ですが、Version3へのバージョンアップがしたくてたまらず、田の草取りの試練に挑戦する頑張りを実行することでVersion3を導入することにしてやりました。3時間頑張れるでしょうか?

    その後、夜には馬頭琴の草原コンサートがあり、一番下の娘と出かけてきます。


     
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 野良仕事 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422489
    トラックバック