Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ブルーベリーに向き合う日々
0
    ブルーベリー園2015

    2003年にブルーベリーを植えて10年以上経っていますが、いわば粗放栽培でして、手入れといえば園地の草刈りくらいのものでした。特に熱心に勉強もせず、実をいえばあまり親密に関わってこなかった部門だったろうか、というのが本音かもしれません。

    そんな態度が災いしてか、昨年はマイマイガ(の幼虫)にかなり食害を受け、本当に実が少なくて、出荷もあまりできませんでした。

    こうした姿勢を反省し、今年、このところはほぼ毎日、マイマイガの毛虫捕りを続けております。併せて折れた枝なども切って管理に時間を取るようになっています。立っての作業だし、しゃがんでする作業より楽ですしね。それにしても、2年続けての大発生となっております。


    アーリーブルー

    ブルーベリー園も5か月間、深い雪に完全に埋もれてしまうため、雪囲いをしていても、結構あちこち折られ、経年のダメージによりダメになってきている木も出てきておりました。そこで、先週ですが2本ほど苗木を導入することにしました。

    1本は完全に枯れているところへの補植、もう1本はまだかすかに生きていたので別の場所へ植え替えて、それが元あったところへの補植であります。縦横ともに5m間隔で雪囲いの中心の棒を立てて植えており、位置が決まっていますので、前の取り去った後に改めてしっかりスコップで掘って、ピートモスで包むようにして植え付けました。

    購入先は花巻市の「だいわブルーベリー園」さんで、極早生の「アーリーブルー」を導入しました。花巻へは「なめとこライン」を通って夏場は割と早く行けます(市街地まで45分くらいですか)。アーリーブルーは風味も気に入っておりまして、7月中の収穫も可能な品種です。あまり大きくならないのですが、この木はこれで6本になったと思います。



    スパルタン

    今回大きめの鉢(ポットですが)を買ったということで、「スパルタン」と「プル」の小さい苗木を2本ずつサービスしていただきました。両方とも早生系です。大事に育てたいと思います。雪さえなければ、ここは酸性土壌でブルーベリーには合った土壌かと思います。この園地の土地には粘土も入っておりませんし。

    現金なもので、お金を出して苗木を購入したことで、何となく園地への愛着が増してきた気もします。。毛虫捕りだけでなく、何かと足繁く通っている昨今でして、ブルーベリーの栽培書も購入し(NHK趣味の園芸シリーズ)、剪定についてもしっかり学びたいと思っております。収量が落ちているのは毛虫だけのせいではなく、剪定をきちんとしてこなかったことによるものと思います。



    米ぬか散布後

    田んぼの方ですが、1回目の除草機がけを行って、その翌日に米ぬかを散布しました。散布したのは「いわてっこ」に対してだけで、ひとめぼれについてはいもちの危険を考慮して、生の米ぬかを入れることはやめました。いわてっこには今回反当たり80キロくらい投入した勘定です。その分、春先の元肥はいわてっこは少なめにし、ひとめぼれはしっかりと投入しておいたという形です。

    現在、1週間経ってトロトロ層ができ始めています。写真は米ぬか散布直後ですが、米ぬか袋(約15キロ)を担いで田の中を撒きながら歩く散布作業はなかなかの重労働です。

    これで、2月から始めたコイン精米所通いの米ぬかスケジュールが完了となりました。


    りんどう定植2015

    現在はりんどう苗の定植に没頭しています。腰が辛くなると、先の毛虫捕りやジャガイモの土寄せ、田の下側になる畑に漏水対策の排水溝を掘ったり、いろんな用足しを混ぜながら、ゆっくりと進めております。

    今日の夕方には、6年生になった上の娘が修学旅行から帰って来ます。昨日の松島方面の日程は晴れて良かったでしょうが、メインとなる今日午後の遊園地「ベニーランド」は、ヤフーの天気によればどうも予定通り雨が降り始めているようです。修学旅行というのはよく覚えているものです。昔の小学校の話ですが、事前に全部荷物を詰めて学校へ行き確認のチェックをしたり、列車の乗り方(待機整列とか)や、4人掛けの席順も決めての予行練習を体育館でやったものでした。どんな話が聞けるでしょうか。

     
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 作物の様子 | 13:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    ご無沙汰してます。今NHKのあさいちで西和賀を紹介してるので渡辺さんを思い出しました。
    我が家もリンドウの他にも花木を増やしています。
    皆さんお元気ですか?これからは時々お邪魔するようにしますね。
    | ノリッチ | 2015/06/18 8:43 AM |
    ノリッチさん、こんにちは。
    お久しぶりです。
    みんな元気でやっていますが、農業は現在私一人でこなしています。まだ2人分の面積を管理しているのできついですが、来年からは少しスリムにします。お互い頑張りましょう。またご自身の投稿も期待しています。
    | 渡辺 | 2015/06/18 12:51 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422488
    トラックバック