Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お米の低温熟成貯蔵
0
    氷温冷蔵

    にんにく用に導入した-2度に設定してある冷蔵庫の庫内ですが、1坪もあるので、かさばらないにんにくだけではがらんとして勿体なく、今月から脱穀後の籾を追加で貯蔵しています。とはいえ、勿体ないという消極的な意味だけではありませんで、米も-1〜-2度という気温での貯蔵がベストなのだそうです。

    ジャガイモや大根あるいは寒じめほうれん草で、寒さに当てると糖度の熟成が進むという事実があり、実際水と違って糖分の含まれる作物は0度で直ちに凍るものではなく、その温度はそれぞれだそうです。そして凍る寸前の温度というのが作物の保存には優れた効果があり、とも言われていて、せっかくにんにくのために-2度の設定にしているのですから、同じ氷点であると言われる米も入れた方が良いだろうというのが私の判断です。いずれそうでなければ、わざわざ他に作業場のスペースを使って置かなくてはいけないし、そもそも作業場内も真冬には-10度以下にもなったりしますね。作物の貯蔵には温度を一定に保つべし、という常識もあることですし、呼吸を減らして老化を遅くするということにもなりましょう。籾で貯蔵していることで、にんにくから臭いが移るということもまずないでしょう。

    春になれば先ににんにくはなくなると思いますが、そうしたら4月いっぱい残るであろう雪を庫内に入れて、0度ギリギリの設定で、電気使用をできるだけ抑え、湿度効果もある雪室貯蔵として切り替えていきたいと思います。あるいはその時点で庫内を+10度に上げたとしても、既に氷温熟成効果は得られているということです。

    この作業場の手前は真冬には3mの雪の壁がそそり立って、簡単には来れないところなので(ましてや30kgの籾を担いで壁をよじ登るのは辛い)、春までの出荷分は住宅の方の作業場内の籾摺り計量ラインのそばに常温貯蔵いたします。この氷温熟成米は4月からの出荷の予定になります。

    「氷温」という言葉はパテントがあるそうで、鳥取県にある「氷温協会」で管理し技術指導もしているということです。今回-2度設定の冷蔵庫に米を入れて凍ることはないか、氷温協会に尋ねて大丈夫である上に熟成効果も加わっておいしい米になるとのお墨付きをもらい、入庫に踏み切りました。にんにくがあるから、踏み切れたことでもあります。

    ちなみに、発泡スチロールの箱には採って来た生のなめこが、1升マスの中にはヤマナシが実験的に貯蔵されています。間違いなく持ちは良いようですよ。いろいろ物は試しで、いま、何でも-2度の試行中。

    いったん積もった雪があらかた消え、猛ダッシュでりんどうの片づけに追われております。刈り取りとおおざっぱな運び出しは終わりましたので、あとは細かく片づける作業や草取りに費やします。

    また、昨日はタラノキの伐採も行いました。思い切って立ち本数を減らして、太い木を確保することができました。真冬の仕込み期に備え、施設の準備にも、改良を施しつつ、着手しなくてはいけません。
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 作物の様子 | 08:12 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422474
    トラックバック
    2015/02/21 12:27 PM
    板橋区中板橋のお米屋さんが日々の出来事を書いています
    板橋区中板橋のお米屋さんのブログ