Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お米の搬送と水稲培土の仕入れと魚釣り
0
    およね前景写真

    沢内地区の太田にある「ドライブインおよね」は店主による手打ちそばをメインにした郷土料理も提供してくれる食堂です。私が当地に移住することになったのも、当時東京の知り合いの獣医さんがこの家の獣医をしている(牛のですが)息子さんに紹介してくれたことが縁でありまして、入植以来、お付き合いが続いている家でした。

    ここでわが家のお米を販売していただくことになり、先週の土曜日ですが、お米を持って行きました。


    およねに出荷

    店内はこんな感じです。朝ですのでまだ準備中ですね。こんな感じで一等地の場所に置いてもらいました。この初日に早速1個売れたそうです。ここは役場に近い場所で、昔の生活具やマタギ道具の資料館でも有名な「碧祥寺」の向かいにあり、主に観光の人が立ち寄る食堂です。近年は「深澤晟雄資料館」も出来て、そうした施設巡りの際にも良く利用されているところです。

    もし沢内へお越しの際は、こちらでお昼を食べてみてください。お土産ものも充実しております。ぜひお米を手に取って、開封もして中を見たりしてみてください。


    氷室1

    さて、「およね」に出荷した後は、農協の雪室に行き、お米を搬入いたしました。右の積み上げた袋が当園の玄米です。子どもたちが抱えているコンバイン袋は玄米ですが、一度だけ籾摺り選別ラインに通した状態のものです。これは精米希望の方向けのものです。精米すると籾のアラはなくなりますので、1度の籾摺りでOKです。

    庫内には奥州江刺産でしたか、リンゴが貯蔵してあり、香ばしい匂いが立ちこめています。お米にも香りが移るでしょうか。


    氷室2

    温度は2.4度、湿度89%ですね。もっとも外気の上昇により庫内も気温が上がっては来ますが、出来秋まで良い感じで貯蔵できると思います。


    氷室3

    このカーテンと金網越しに雪が圧縮して詰めてあります。別の入り口から3月に重機で搬入します。


    金矢池1

    さて、この日は花巻市の肥料屋さん、「花巻酵素」に水稲培土を仕入れにいく予定で、米の搬入後、花巻へ向かいました。まず向かった先は何度か訪れている花巻広域公園です。ここでまずカセットコンロでラーメンを煮て昼ご飯を食べ、そして魚釣りをしました。

    家にあった鯉用のエサ(練り餌)で適当にやっていましたが、なかなか釣れず、隣で釣っていたよく来るというおじさんが、親切にも良い練り餌を分けてくれまして、場所も藻のある近くが良いということで変更し、粘って釣りました。


    金矢池2

    結果、1人1匹ずつの成果を出したところです。こんな感じのフナです。


    金矢池2008

    これは2008年の6月25日に来た時の様子です。5年前ですね。この時も釣れましたが、時期的に小さいものばっかりだったようで、かえって4、5月の方が大きめのが釣れるということです。

    この後は水稲培土を車に乗せて、少々重量オーバー気味ですが帰路につきました。
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 作物の様子 | 06:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    なつかしいです!!およねさんでお昼を食べましたし、お土産もありましたね。
    唯一の食堂と言う感じで、ここで食べ損ねたらもう食べるところはないぞ・・・そんな雰囲気でした。
    雪室の必要さをみんなで感じ、会議で説得したのですがJAも市も消極的で失望しました。近隣では山ノ内町で「ほなみ村」が雪室施設でりんごを出荷しています。
    雪を邪魔者とせずエネルギーに替えていくべきだと痛感してます。
    お子さんたちも成長したくましくなりましたね。
    | ノリッチ | 2013/04/19 9:33 PM |
    おはようございます。そちら雪が少なくていいですね。。。こっちはまだ50cmありますよ。

    まだ寒いし雪室に入れるほどではないのですが、いまのうちにやっておかないとと思い、籾摺り作業を終わらせました。昨日種まきを終え、今日から薪割りを再開して雪解けを待ちたいです。

    釣りなどの行楽もいまのうちでしょうか。。。

    そちらでも雪室出来ると良いですね。ただその都度取りに行くのに時間がかかるので、個人的に地下室を掘り雪を詰めて、自家製の貯蔵庫を作れれば最高ですね(夢です)。
    | 渡辺 | 2013/04/20 8:34 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422436
    トラックバック