Search
岩手の天気予報
ブログを移転しました
▼現在の奥羽の山里新着情報館

2019年3月からサイト本体と新着ブログを同時に移転しました。本体のページと併せまして、最新の記事はこちらからお願いいたします。

奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
ブログを移転しました
▼現在の奥羽の山里新着情報館

2019年3月からサイト本体と新着ブログを同時に移転しました。本体のページと併せまして、最新の記事はこちらからお願いいたします。

Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
初めてのファミリーキャンプ in 宮城
0
    キャンプ1

    彼岸りんどうから稲刈りまで秋の繁忙期が続き、休日なしで頑張っておりましたので、この週末の3連休には、どこかに出かけようという雰囲気が充満。。。ということで、3連休だし、急遽キャンプ場を検索し、宮城県仙台市近郊のキャンプ場へ出かけてまいりました。

    突然ではあるし、もともと資金もありませんので、無料のキャンプ場を探したところ、仙台市郊外の大衡村に、いい感じのキャンプ場を見つけ、ここに決定としました。今回は時間もあるということで、滅多に行くことのない宮城(仙台)方面へと照準を向けました。

    かまどがあるとのことで、薪を持参して炊事をやりました。

    この日はまず高速に乗りここを目指し、午前中に着いて、テント設営をし、それから仙台市方面へ足を伸ばしました。家内が前に住んでいた街でしたので、よく通った「台の原公園」へ行ってみました。途中、突然に地下鉄に乗ろうということになって、私は車で先回りして合流という予定だったでしたが、公園は「みちのくヨサコイまつり」で混雑しており、予想した駐車場というのも使えないで、合流が難しく、あわや迷子というところでした。

    そしてよく買い物したという生協のお店でざっと食料調達をし、さあ、テントへ戻ろうというところですが、仙台市内の国道4号が渋滞。。。何とかテント近くの温泉へ着いて入浴、そしてキャンプ場に戻った時は夜の8時近くという状態。。。

    そんな中、上の炊事を始めた次第です。客は結構多く、もう夜の歯磨きに炊事場まで来ている人もおりましたが、私たちは遅ればせながら火起こししているという状況です。


    キャンプ2

    炊事場ではカレーの準備をしております。この左側がかまどです。

    そんな感じで、結局ふだんと同じような遅い時間帯での食事となってしまいました。


    キャンプ3

    テントは4人用で、私のスペースはありませず、車に寝ました。下の子が生まれたての頃、日陰の農道、あるいは田への進入口などに設置して寝させていたこのテント。もともと登山用に買っていたダンロップのテントです。一人登山を多くしていた頃は2人用というこのサイズの半分のテントを愛用していましたが、ある時強風でポールがねじ曲げられたことがあって、このテントを購入しましたが、その頃以降は登山よりもツーリングで使うことが多くなり、これをザックに入れ担いで登るということはほとんどありませんでした(東京にいた頃の話です)。

    テントサイトには結構な泊まり客がいましたが、みんな6人用8人用といった大型テントで、うらやましい限り。ただ、気になったのは、他の人のいま風のテントにはフライシートが付いていないことで、雨が降ったら滲みてこないのか、と思いました。ポールを通すスペースがフライを本体から接着させない空間を作り、フライが離れているから雨が侵入しないというのがテントの常識ですよね。そもそもフライがありませんし、かえってみんなタープのようなもので玄関部分を構成し、靴置きとか火を使う場所とかにしていましたね。

    いずれキャンプそのものから15年以上も遠ざかっていましたので、ずいぶん旧式のやつらだ、と思われたことでしょう。薪で火を起こしているし。


    キャンプ5

    申し遅れましたが、ここは大衡村にある、「達居森と湖畔自然公園キャンプ場」というところです。水、トイレ、炊事場(かまど付き)があり、無料です。牛そっくりの形をした「牛野湖」の湖畔にあり、国道4号筋からそんなに離れていないし、まず仙台市近郊の無料の施設ということで、利用者は多いようでした。無料という意味には、突然思い立ってのキャンプに対応できる、ということがあります。私たちは午前中にまず来て設営したので、炊事場から近い場所を確保できた次第です。

    翌日はこの草地でサッカーやキャッチボールなどをしばらくやって、それから撤収。おもむろに帰途につきました。


    キャンプ6

    帰路はここから鳴子温泉を目指し、温泉には入りませんが、「鳴子峡」を観覧し、ここで残り物などでお昼にしました。カメラを車に忘れましたが、かなりの渓谷美。紅葉していたら迫力満点だったでしょう。国道4号からも離れ、結構な奥地です。

    さて、その後、岩手へ向け北上しますが、途中、栗原市の一迫にある「あいすむら」が目に留まり、ここでアイスを食べました。天気もよかったし店はかなりのにぎわいで、ドライブ客が次々と訪れています。

    地元産素材の手作りアイスの店は結構あちこちで見られるようになりました。原価そのものは安いわけで、売り方次第では繁盛すると思うし、その土地へ観光客を呼ぶアイテムにもなりそうですよね。ドライブ客にとっても、単調な山道運転が続いているので、良いアクセントになるのですね。ちなみに奥羽の里沢内にもジェラートのお店がありますよ。

    写真は「ぶどうとバニラ」のダブルで、これで330円。私には高価に思えますが、そんなものでしょうね。ファミリーで来ると、子どもだけでもこれだけで990円。。。。でも旅の良い思い出でしょう。ちなみに他の子は「ブルーベリー&チョコ」など。。。


    キャンプ4

    このアイス店ではウサギが飼われておりました。

    さてそんな感じで4号線に戻り北上市に5時頃到着し、食品などの買い物をして夜7時頃の帰宅となりました。

    今度は登山を兼ねたキャンプに来ようという話をしております。まず大きめのテントを手に入れることと、灯油使用のストーブ(登山用コンロ)を購入することで、早速つい商品検索してしまったりしています。来年のことですけれどね。6〜7月でしょうか。あまり忙しくないとき、午後ゆっくり家を出てキャンプをし、翌日早くに登山して、下山、帰宅という感じで休日を過ごせたら良いと思っています。

    まずは短時間で登頂できる「女神山」あたりから? あまり近すぎてキャンプする必要もない?
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 季節の話題 | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック