Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
豆こき
0
    大豆の脱穀

    生鮮品よりも貯蔵作物に力を入れている当園では、米・麦そして豆と脱穀の作業が付きまとっています。大豆を収穫し(抜き取ってですが)、ハウスの中でしばらく乾燥させていましたが、秋じまいの作業時期となり、先日、脱穀に着手しました。

    最初、桶の中ではたいたり、足踏み脱穀機を持ち出して扱いてみたりしてみましたが、5アール分と量もあるし、これでは埒があかないと(まあ時間をかければどんなことでもやれはしますけれど)、農協から大豆専用脱穀機を刈りてきて、脱穀しました。

    網のコンバイン袋をセットでして軽トラの屋根の辺りから投入していきます。そして荷台後ろ側へ殻が排出されてきます。

    農協で軽トラの荷台にフォークリフトで付けてもらって、このまま作業して、終わったらすぐ掃除して返しに行き、降ろしてもらいます。まあロスも出はしますけれど、こうした作業はある意味9割の仕事が手際よくこなせれば合格だと思うので、満足しています。右の写真の殻からはまだ選別すれば豆は出てきますが、最後の1升を取り出すために1日かけているわけにもいきませんよね。


    大豆の乾燥

    これはだいぶ脱穀したあとでの乾燥場風景です。右の金属三脚セットは便利です。まだ稲に使っていたので、ハセセットはこれだけ。あとは地面に箱とかを置いて立て掛けていました。中がガランとしていますが、それはりんどうの出荷が終了したために農機類は作業舎の方へ移動したためです。ここは作付けをせず、いまの大豆乾燥の他にも、春は水稲の育苗、夏は小麦の乾燥施設として、そして晩秋まで農機の格納庫に役立っています。間口3間ハウスはいまは製造がないみたいで、サイズ的にもちょうど良いですよ。


    大豆の生育経過

    大豆は網タイプのコンバイン袋に入れて、ハウスの中の金属ハセに掛けて、脱穀後も引き続き乾燥を続行中です。乾燥終了後、選別をしながら、11月下旬頃から販売を開始したいと思います。今年の大豆も宜しくお願いします。

    当地では、5月下旬頃にハウス内に豆を播種し、6月上旬に畑へ移植する方式でみんな栽培しますが、6月上旬は結構干ばつが来る時期でして、今年もそうでした。移植後の苗が枯死しないように毎日潅水しなくてはならず、また育苗中に徒長もし、苗作りとしては決していい成績ではありませんでした。

    来年は思い切って直播きでやろうかと思います。その方が頑丈な苗になると思うし、遅霜と鳩避けに保温シートを掛けてやれば良いことです。それくらいのシートはありますので。発芽後、最初に鍬で土寄せしてやるまで草に負けなければ上等です。

    一度草刈り機で通路を刈ってやりましたが、結局草は抑えられず、写真の通り収穫期には草が覆い尽くしておりますね。通路もちょっと狭かったかもしれません。

    わが家では、自家製の豆を加工場に持ち込んで味噌にしてもらっています。今年もいくらかは自家用に使いますが、量はしっかりありそうなので、ぜひ味噌用にキロ単位でお買い求めいただければ嬉しく思います。品種はナンブシロメです。なお、少量ですが、納豆に使う小さい豆「コスズ」もございます。最後にまだ畑に残して収穫期を待っている極晩生の「秘伝」が少々です。秘伝は遅すぎて、ここには向かないですね。枝豆としてならば良いんですが。秘伝のズンダは絶品との声もあります。
    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 野良仕事 | 13:08 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.ouu-yamazato.com/trackback/1422374
    トラックバック
    2011/11/07 12:59 PM
    岩手県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
    役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓