Search
岩手の天気予報
奥羽の山里農村いちば
▼当園のメインサイトです

奥羽の里、岩手県西和賀町内で耕す暮らしを営んでいます。日々の山村のスケッチや、農産物の販売も行っております。

奥羽の山里からの農村通信
▼新規就農のレポートです

奥羽の里へIターン移住し、住居を構え、井戸を掘って農業を開始した1996年〜2000年頃の日常を綴ったページです。

            
Profile
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Links
Recommend
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫)
「あきらめ」を「希望」に変えた男?沢内村長・深沢晟雄の生涯 (日経ビジネス人文庫) (JUGEMレビュー »)
及川 和男
私が生まれた昭和37年は、深沢村長の尽力により乳幼児死亡率ゼロになった記念すべき年でした。雪と病気、この問題に真っ向から立ち向かい、老人医療費無料化と除雪ブル導入を成し遂げた村長の伝記です。この著者の及川さんはうちにもいらしたことがありました。
Recommend
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77))
ニンニクの絵本 (そだててあそぼう (77)) (JUGEMレビュー »)
おおば さだのぶ,うだがわ しんぶん
わが家はにんにくにも取り組んでいて、「そだててあそぼう」シリーズの「にんにく」が刊行されるのを待っていました。青森の試験場にいた方が書かれているので、まさに本場の経験者による入門書です。
Recommend
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
リトル・フォレスト (1) (ワイドKCアフタヌーン (551)) (JUGEMレビュー »)
五十嵐 大介
盛岡市在住だそうです。食と手作り、自給自足がテーマになっています。2014〜2015年にかけ映画化され、私も冬春編は盛岡で観ました。
Recommend
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント
あなたにもできる無農薬・有機のイネつくり―多様な水田生物を活かした抑草法と安定多収のポイント (JUGEMレビュー »)
稲葉 光國
現時点で最新の技術が網羅されています。薄蒔きで大きい苗を作り初期から深水にする、これに尽きると思います。
Recommend
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫)
小論理学〈上巻〉 (1951年) (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘーゲル
「論理学」本文が始まってすぐの「予備概念」に、弁証法的発想についての記述が詳述されています。難解なヘーゲルの著作の中で、その自由な文体はとても示唆的で群を抜いてわかりやすい。
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ハイデガーのこと
0

    種まき2018

     

    ここ数日寒気が続いて寒いが続き、もっぱらたらの芽の作業に従事しつつ、まずは水稲籾蒔きまで進めることができました。先週も積雪があったり風が強かったりで、ビニール掛けしようにも、なかなか仕事をさせてくれませんでした。当園はプールに並べての平置き出芽になるので、やはり早めの播種を心がけています。いつ蒔いても、必ず寒気には当たるので、暖かくなるのをのんびり待ってからということはしませんね。慣行では種まき後、密閉した出芽器に入れて2日間で芽出しをさせる方法が取られ、カビ防止に農薬も使われるわけですが、無農薬の平置き法では出芽に7〜10日もかかり、日々の温度確保に一番気の抜けない期間になっています。

     

     

    花巻酵素

     

    育苗培土は今年も「花巻酵素」製の土を使いました。花巻まで取りに行くのも慣習になっており、今年は子どもたちの要望でその際に北上市で「ジュマンジ」を観てきました。面白かったです。そしてアマゾンで旧作があることを知り(ロビン・ウィリアムズ主演)、後日パソコンで観ましたが、これも良かったですね。最近、急ぎの注文がしたくてアマゾンのプライムという会員になりましたが、特典として多くの映画等が無料で視聴できることを知り、結構活用しています。

     

    ちなみに、個人的に「深夜食堂」にハマっています。。なぜでしょうね。全体の醸し出す雰囲気が良いんですね。1作目の映画を観て、いまはテレビ放送版(1話30分)を昼休みに見るのが楽しみになっています。

     

     

     

    水稲プール

     

    さて、あまり写したことがなかったですが、水稲プールはこのようにしています。5〜6cmの太さの垂木を2段に重ねて枠を作り、ブルーシートを新旧2枚重ねて敷き、その上に19mmパイプを並べます。苗箱1枚が2本のパイプの上に乗ります。横に6枚並べますが、中央に30cmくらいの歩けるスペースを作っています。向こうに20枚置けますが、余裕を持ち19枚にしていて、今年は全部で112枚蒔きました。ひとめ2反歩、いわてっこ2反5畝です。坪60株の設定で田植えしており、1反歩当たりで20枚ちょっとの枚数になり、かつ薄まきであることから、種や土の量は節約している勘定になります。

     

    こういう寒冷地では分けつが少ないので、みんな厚まきにして密植にしますが、当園は薄まき、間隔広めの田植えを続けています。そもそも薄まきにしないと大きい苗になりませんし、大きい苗を1株あたり少ない本数で、かつ間隔を開けて田植えすることが、草対策も含めて有機栽培の基本だと思います。もちろん風通しを良くし、いもち病を防ぐことも狙いです。

     

    パイプを下に敷く理由ですが、これにより、田植え直前の完全落水が容易で、また完全な均平が取れていなくて苗箱の高さがいつも不揃いになるものですが、低い苗箱のパイプの下に小石を詰めることで苗箱の高さを、なだらかに上に持ち上げ揃えることができます。

     

     

     

    スポンジケーキ焼き

     

    さて、先週は末娘の誕生日がありまして、蛯名鉄工製オーブン付きストーブで久々にスポンジケーキを焼きました。まだ雪もあり農繁期でないいまだからこそできることですね。薪ですが、通常の薪だけでなく、たらの芽で使った廃木も燃やしています。小さいので、生木でも燃えやすいです。処分にも困りませんね。

     

     

     

    バタークリーム

     

    そして「バタークリーム」を作ります。以前にも書いていますが、昔は生クリームよりもバタークリームの方が市販ケーキでは主流だった気がします。いまはお店でも売っていなくて、作るのが一番です。卵の白身を撹拌器で撹拌し、それに砂糖と無塩のバター(うちは節約してケーキ用マーガリン)を混ぜて出来上がりです。クックパッドを見て作ります。バニラエッセンスを少量かけて、風味を出します。普通の生クリームならいつでも食べることができるので、特別な日の感がありますね。

     

    さて、雪はあと1週間で消えるかという感じで、結局連休近くの頃となってしまうんですね。やっぱり。。11月19日に仙台へサーカスに出かけた日から根雪になっていて、そろそろまる5か月を経過します。こちらでは冬は長く、春は5,6月、夏は7,8月、秋が9,10月で11〜4月が冬という感じでしょうか。少なくとも暖房は完全に6か月は使用しますし、5月6月でも暖房の欲しくなる寒い雨の日はあります。「温暖化」など全然体感できないここ奥羽の里ですが、まあ焦らずに雪解けを待つしかなく、でもりんどう畑など、早く草取りがしたい! いましたい! というのが本音です(切り花りんどうの作業は県内の各地よりも50日遅れての作業開始になります。雑草が取り切れないことにご理解をいただいきたいです。。)。

     

    そうした残雪期ですが、たらの芽の作業があるだけ、当園はまだ仕事に恵まれていることになりましょうか。駒木をすべて切り終えた現在では、収穫と出荷準備、および収穫して空いたスペースに次の駒木を置いていく作業になります。まだまだ素材の木は豊富で、サイトからのご注文にもお応えさせていただきます。連休中には終わりますので、これからは終盤ラストスパートといった時期です。

     

    とはいえ、たらの芽だけでは時間に余裕はあって、子どもたち関連のお出かけも含め「いまのうちにできること」を探しつつ、過ごしております。

     

    農作業と別にやるべきことといっても、何か別の作業対象に目を写して取り組もうということだけではなく、自分の生き方暮らし方の点検をしてみることも必要かと思います。こういう作業もやらないと、何の目的でどういう農業をやりたいのかも見えなくなってしまうかもしれません。夜には読書もしますが、そのうち農繁期になると疲れてやめてしまうことでしょう。いろんな意味で、「やるべきこと」を探し出して、それなりの形を示しておきたいものです。

     

    大学時代の長野県で2か月滞在した報告をしましたが、松本で暮らした20歳の頃からハイデガーの哲学に不思議な魅力を感じていました。いわゆる「哲学史」に出てくるどんな哲学者とも違う異質な哲人です。1980年代当時、いわゆる「実存哲学」は勢いがなく、学科内の雰囲気としては、やはり「学」として論述できるものが志向されていたと思います。もっとも、ハイデガーはいわゆる実存哲学ではない気もするし、そもそも実存哲学自体が正しく捉えれていなくてしかも軽視されていた時代ではなかったかと思います。

     

    そういう背景を身に感じながら、ハイデガーに感じた魅力に匹敵するインスピレーションを受けたのが、大学3年生の後半になって読んだヘーゲル「精神現象学の」序文や緒論でした。いわゆる学説としてのヘーゲルの体系内容そのものよりも、認識や経験の構造について生き生きとした言葉で書き進められた前置きの文章(これだけでも80ページくらいにはなるのですが)に惹かれ、4年生になり卒論の対象に選びました。ハイデガーでは書けそうにないということもありましたが。。その卒論の中でもハイデガーによる「ヘーゲルの "経験" 概念」という論文は重要な文献になりました。そもそも「経験」Erfahrungとは何か、のハイデガーの省察は深いです。

     

    学者ではなく農家として暮らしているいま、ヘーゲルよりも、ハイデガーの方が気にかかります。「自分が自分であると感じ自覚していることの不思議感」とか、「世界とはわからないことだらけで、根本はどんな構造になっていると考えたら良いのか」、あるいは「日常、具体的な物事に関わりつつ生きているが、個々それぞれの具体的な物事の背景にある何かとは何か」。。。そういった直視しようとしても対象化できず、その都度背景に退きながら、もやもやと「それは何か」と問うてしまうもの。。ハイデガーのいう「存在」とはそういう感じなのではないかと思っています。対象としてフォーカスし認識がなされないものは語り得ないし、直視もされず、それは思考・思索によってしか接することはできないと思います。思考といっても近代の学問が求めたような主観性とか、カテゴリーとかの認識の仕組みというものとは違い、いわば「悟り」のような思考になる、そのような意味では直覚とでもいうような仕方で体得すべき本性かもしれません。

     

    そういうものなどない、仮にあっても意味がない、と言ってしまえばそれまでで、不要な考えとして一蹴されるものでもありそうですが。。

     

    そんな感覚にずっと囚われていた気がしますので、ハイデガーに親近感を覚え、私の出発点というのはいつもそこです。そして都会生活の中では、意識の向かう対象や情報・記号といったものがが多くて、個々の存在者に埋没してしまいそうになります。一方、山の中とか、こういう農的暮らしの中では「世界」や「自然」に包まれていて、もくもくと一人作業をしている間、ずっと頭の中にあった「謎」、「世界とか私といった現象」「対象化して捉えようとすると背景に退いてしまう何ものか」を無言で問い続けることができる気がします。農村へ惹かれ移住した動機として、ハイデガーのいわゆる「故郷喪失性」"Heimatlosigkeit"についてのイメージが大きかったと思います。もっとも彼の言う「故郷」は「ふるさと」のような故郷では全然ないのですが。故郷は存在する対象ではなく、対象の地盤でわれわれにそっと何かを語りかけるものと思います。直視はできませんね。

     

    農家として、商品化とか、消費者とのつながり、や伝統的な農村的文化の共有とか、大事な取り組むべきことは多いですから、こんな抽象的なことに囚われていても、生産者からも消費者からも理解を得られることもないでしょう。先達に比べ、当園ではこれといって具体的に特別な、人のやっていないことを何かできているわけではありませんし、現実の農家としてヘーゲルやハイデガーに関心を向けている余裕はないといえばその通りでしょう。。

     

    いずれ、上に述べた個人的関心事や、ハイデガーから感じ取られる「世界があるというのは一体どういうことなのか」を語ろうとするそのことは、すぐに社会や人々と共有できるツールのようなものではありません。ハイデガーのいう「技術とは何か」といったテーマはそれだけ取り出せば、現代社会に対し何かメッセージを伝えることはできるかもしれません。しかしハイデガーの真意は現代社会への批判といったことではなくて、やはり視線を向ける都度、背景へ背景へと隠されてしまう「何者か」に向いている気がします。晩年には「最後の神」とかいった表現もあったそうです。だからそれは具体的内容を持ち説明される「学説」なのでは決してなく、「道」であるとか、「指標」であるとか、そういう語られ方もするでしょうし、ヴィトゲンシュタインのような感性を持った人にとっては、語られないもの、示されるもの(SagenではなくZeigenされるもの)として感じ取られているものでしょうか。

     

    現実の社会で暮らしていくことの不安(経済不安・戦争の不安、等々の存在者の不安)といった切実な関心事に加えて、この「捉えがたい何か」がわからないでいることの不安(存在不安)がいつも静かに押し寄せます。いわゆる哲学の目標とは、単純に幸福とか救いを見出すということではないと思います。この存在不安を解消したいということが動機になり、この語り得ない「それ」は何だ、と対象化し得ない背景を言い当てようとする試みではないでしょうか。コツコツと「個々の存在するもの」(作物や土やいろんな資材など)に関わりつつも(存在者への頽落)、背景・土台の領域(対象化できる存在者と並ぶような別の1つの存在するものではなく)について、漠然とではあれ追い求めて暮らしていくこと、そんな風でありたいと思います。ハイデガーの文章は難解ですが、字づらに迷わされず、言わんとすることを想像することが大切ですね。無数に出ている解説書に手を出すよりも、ハイデガー自身の文章に翻訳でも良いので接して、「言わんとすること」を想像することが大切に思います。

     

    平凡社の「世界の思想家」というシリーズが昔からあり、いまは絶版と思いますが、これは思想家そのものの全著作から選ばれた重要文章(と編者が感じたもの)を寄せ集めたアンソロジーです。ハイデガーの巻もあり、個々の著作に挑むよりも、全体の概観をするには格好の1冊と思い、これもまたアマゾンで入手しました。翻訳でも良いでしょう。思想家の生の文章に触れた方が良いと思います。ただこの平凡社の本は発行が古く、前期の主著『存在と時間』に焦点が当てられていて、まだハイデガーの生涯を通じた全体像が見えていなかった時期のアンソロジーです。時代も進んで、全貌がいまは公刊されています。この時代に新たなアンソロジーでハイデガーの美文に触れたいですね。1冊1冊に深く立ち入っている余裕はなかなかないので、できればコンパクトな形で出版されないでしょうか。。。

     

     

    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    4年間を過ごした松本の旅〜寒天工場エピソード3
    0

      常念岳松本より

       

      あと何日だと待った、寒天工場の任期満了。ついにその日が来ました。日本海経由で帰路に着くわけだし、もう帰りは松本に寄ることを決めていたので、終了後工場で最後に寝て翌朝の2月16日、茅野を発ち20号でまっすぐ松本へ向かいました。途中諏訪湖を見ました。久々の寒い冬で御神渡りができたと話題でしたが、ちょっと溶けていて、残念。。

       

      松本市内に入り、詳しくない駅より南の方では一方通行とかでやや迷ったですが、下宿のあった岡田地区に向かい、それから歩くと30分くらいになるでしょうか、当時よく訪れた小径を車で辿ってみました。

       

      しばらく進むと安曇野と北アルプスが一望できるところに着きます。よく知られている「アルプス公園」と同じようなロケーションです。一人で散歩に来たこともあったし、友だちや先生といろんな議論をしながら訪れもしました。大袈裟にいうならば「思索の山道」でした。ハイデガー流にいうと「森の杣道」という感じでしょうか。。舗装路でしたが。。いまの大学生も基本はそうかと思いますが、私たちも下宿に集まって、お好み焼き(広島風)を作って食べたり、そしていろんな議論(高尚な話から血液型の話などまで)を朝までやったものでした。近所で鶏の声が響きました。

       

      そういう過ぎ去った20歳頃の時期を振り返るような旅にもなったかもしれません。この松本の地で現在まで続く意識とか世界観とかが築かれたのですから、やはり大事にしておきたい記憶です。

       

      さてエピソード1で霧ヶ峰から見た北アルプスを掲載しましたが、上のこの写真が松本から見える北アルプスです。写真の辺りは700mを超えていると思いますが、真実の高みには達していませんね。メインは槍穂でなく常念岳が主峰に見えています。左が蝶が岳、右は大天井岳(おてんしょうだけ)です。

       

       

       

      水汲橋

       

      下宿にはお風呂がなかったので、歩いて浅間温泉に通っていました。その途中に女鳥羽川に架かる橋を渡ります。冬などは帰り道では髪の毛が凍っていましたね。

       

       

       

      女鳥羽川

       

      この橋の真ん中で、こうして上流を見下ろしながら夏にパナップを食べたことをふと思いましました。美しい時代の記憶そのものです。当時聞いた話で、かつて学生運動の頃にその風は信州大学にも押し寄せていて、教授陣も学生に追われて逃げたんだそうですが、女鳥羽川を渡って逃げたか、手前で踏みとどまったか、で、後々いろいろ人物評価が違ったとか。。。この光景で思いましました。橋を渡って逃げたか、川をジャブジャブ逃げたかはわかりませんでしたね。

       

       

       

      岡田の公園

       

      大学に通う途中のちょっとした公園も健在です。この青いベンチもそのままではないでしょうが、残っていました。大学からの帰り道にこのベンチに座って岩波文庫の「イーリアス」を読んだ記憶が蘇りました。「イーリアス」の中身はあまり覚えていないんですが。。静かな佇まいが思索的です。大学1年生。知識への欲求は大きかったですね。現在では、欲求は実際的な「情報」を求めることで止まってしまいがちですが。。

       

      写真は撮りませんでしたが、信州大学付近にも立ち寄ってみました。大学の北側に、いまでは小澤/サイトウキネンで超有名なキッセイ文化ホールがありました(私の時はありません)。聴きに来たい、が、ここまでコンサートに来る予定というのはちょっと立てられないかも。。

       

      余談ですが、できることなら、子どもたちと燕岳に登りたいと思いました。松本に来て初めて登った北アルプスで、頂上の奇岩は独特だし、盟主槍ヶ岳を好位置で望むことができます。最低2泊3日の行程で、無雪期になるのでちょっときついですかね。

       

       

       

      松本城

       

      松本城にも訪れてみました。以下は観光情報です。下宿探しの時に家族で天守閣に入った記憶がうっすらとあります。学生時代は通行したことはあっても天守閣には上がらなかったように思います。通行止の看板が見えるこの赤い橋ですが、そういえば「ザ・ベストテン」という番組があって、そこで松田聖子(確か同年齢)が全国中継でこの赤い橋の上で歌ったことがありました。確か自転車で見に行ったような記憶が。。すごい人だかりだったような。

       

       

       

      青翰堂

       

      松本城から大きい通りを駅方面へ向かう途中にある古本屋さんの「青翰堂」。グーグルマップでこの辺を検索したことがあり、健在なのはわかっていました。古本を買っていきました。

       

       

       

      縄手通り

       

      「縄手通り」もリニューアルされた感じで残ってました。ただ入口の角に建っていた大きなビルの本屋さんはなくなっていました。ここの花屋さん(左手前の店でしたか)で「エンゼルランプ」という鉢花を買って、それを眺めながら下宿でチェンバロの「フランス組曲」(バッハ)を聴いた記憶が蘇ります。

       

      また、この通りに当時は小さい映画館があって(本当に小さいです)、リバイバルのみの上映をしていました。「ラ・ブーム」を観た記憶が。。でも映画館は見つけられませんでした。

       

       

       

      シンフォニア外観

       

      記憶を辿りつつ、一度だけ行ったことがある喫茶店「シンフォニア」を探ししばらく歩いて、ついに発見! 入ってみました。

       

       

       

      シンフォニア室内

       

      学生時代に人文学部の友人と入ってみると、授業を受けていたドイツ語の先生がいて、確かメシアンの「トゥーランガリラ交響曲」か何かが流れていたような。。いまはご主人も高齢で耳が良くなくて、当時のレコード類はほとんど人にあげてしまったそうです。テレビで男子フィギアの予選をやっていました。

       

      寒天工場の2か月間、全く音楽を聴くことができませんでした。それでブルックナーの4番をCDで見つけ、かけてもらいました。2か月ぶりのブルックナーです。

       

      山の写真がかかっていて、また寒天工場本編の記事で触れた槍ヶ岳山荘の穂刈氏の本もありました。オーナーの穂刈家4代の番組(長野県内のみの放送)の話も交わし、新刊の出版パーティーに出席したのだと伺いました。山が好きなご夫婦のようで、いっとき山の話をして、店を出ました。もう再び訪れることはない気がします。。

       

      その夜は松本駅前に泊まり、翌日は山形での研修会に向かいました。

       

      ちなみに、昼ごはんは「源太」の山賊焼き定食を食べて来ました。夜は浅間温泉の「萬山園」に行き萬山麺を食べる計画でしたが、午前に店の前を通った時に「しばらく休みます」の紙が貼ってあり、断念。駅前で第2候補の「スパゲティのヤマナミ」を探しましたが、かなり本気で歩いて探したのですが見つかりませんでした。家に戻って検索してみると、駅前の喫茶「アベ」の近くに引っ越していたようでした。スマホがあれば解決したでしょうに。。学生たちによく知られていた「かのう」(1度だけ入りました)も頭をよぎったのですが、記憶がぼんやりとしすぎ、これも断念。。

       

      ちなみに、駅前の「アベ」も何度か訪れていて、「モカパフェ」と「ブルーベリーパフェ」がゴージャスで人気でした。モカパフェのみ、入口のショーケースに残っていました。680円になっていました(当時は450円くらいだったか)。

       

      翌朝はホテルの朝食バイキングでした。かなり良かったですね。松本駅でそばを食べようかと思っていましたが、見つかりませんでした。飯田屋ホテルのそばコーナーも立ち寄ってみましたが、朝の開店時間が遅く、断念。結局この2か月そばは1食も食べませんでした(72日間の連続弁当生活でしたので)。かつてセルヴァン?とかいった駅に並ぶショッピング街も一変していましたね。前より賑わいに欠けている雰囲気がしました。駅前のイトーヨーカドーもありませんでした(井上はありました)。

       

       

       

      高橋博之氏

       

      そんなわけで、翌日17日は研修会ということでお昼過ぎに山形県小国町に到着し、「食べる通信」高橋博之さんの公演を聞きました。結構な雪で、建物の入り口を見つけるのに苦労しました。小国も西和賀以上に豪雪地帯として知られたところ。ここで久しぶりに覚えた顔と再会です。遅く入って最前列に誘導され、そこから写真を撮ってみたので大きく写っていますが、有名人なので許してもらえるでしょう。高橋氏の農業や農家に対する思いは共感するところが多いです。経済的な面から一歩踏み込んだ内面的な充足感とか、あるいは死生観につながるような面も「農」の根底にあるわけですが、こうした抽象的で伝えづらい領域もわかりやすい言葉で表現してくれる人だなと思っています。値段と機能というモノの面だけでない奥深いつながりを生産者(漁師とかも含みます)と消費者の間に構築していくことが、彼のライフワークになります。

       

      関心がおありの方は「食べる通信」で検索してみてください。

       

      夜は懇親会。。テーブルについて酒を飲む懇親会というのも2か月以上ぶりのことでした。ちなみに、寒天工場では住み込み部屋を閉鎖する時に盛大に打ち上げ会をやり、その後は近隣の通勤者のみで終了まで続けるそうです。

       

       

       

      独立学園

       

      小国の2日目です。小国町にある基督教独立学園高等学校を訪れました(内村鑑三が設立)。日曜日ですので、朝の礼拝に参加して来ました。そのあとに、教頭先生から学校の歴史や方針などについて話していただきました。

       

      学生は携帯も持たず、テレビも見ない生活だそうです。キリスト教徒であることは必須ではないそうですが、キリスト教や学校の方針に理解を持つことが前提になり、親も一緒に何度も面接をして入学を決めるそうです。「戦う」ことにつながるという考え方からスポーツ活動は取り入れず、部活では野菜や家畜の世話をする活動をするようです。もちろん食事に使われます。

       

       

       

      独立学園畜舎

       

      基本的に試験というものはないそうで、人間教育が基本になりますので、進学を目指す方向きではないかもしれません。しかし卒業生の話を聞いてみると、ここでの3年間の記憶はやはり根強くずっと残り続けていると。いま自分の高校時代を振り返って、ここまで強烈に自分の一部になっているかと聞かれれば、そうではない。独立学園では、勉学という範疇を超えて一生の生きていく頑丈な基礎が修得されているのだと感じました。

       

      1学年が25人という定員で全寮制。進学校ではないのだけれど、大学の方から、このような教育を授かった学生を欲しいと逆に言われるそうで、たった25人なんですけどね、というような話もあったりして、時代のかなり先端にいる場所だと私には感じられました。

       

       

       

      小国でのランチ会

       

      最後にランチを挟んで参加者と懇談。西和賀の顔も見えます。考えさせられる研修会を終え、3時前に出発し、ここからは高速もなく、13号から秋田県経由で午後9時頃に家に到着しました。2か月半ぶりでした。

       

      さて、既に日常が戻っていますが、やっぱり疲れているのだと思います。朝4時半には起きれないし、部屋でゆっくり検索や事務(申告やネット販売の事務等)をし、備忘を兼ねてのブログ記事の書き起こしなどを進めながら、タラノメの設備改良や駒木の切断と伏せ込みの作業に取り組んでいます。

       

      にんにくも在庫わずかとなってきました。青果品を取り崩して黒にんにくへと仕込んでいく作業も残ります。

       

      雪は非常に多く、本当に春が来るのか? 不安な気持ちの昨今です。

       

      山ぶどうを這わせたパイプが潰されてしまって、この片づけも雪解け後の余計な作業に加わりました。ただかえって露地としてジャガイモ等のスペースができるので、手のかけられなかった山ぶどうを断念する踏ん切りがつきました。

       

       

       

      posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      カナディアンファームを訪問〜寒天工場エピソード2
      0

        カナディアンファーム

         

        12月5日の夕方に寒天工場に着いて、翌6日から仕事が始まりました。その6日の早朝、1時間だけ「庭」の仕事をやりました。2人で組んで寒天の載った積み重ねてある板を1枚ずつ持ち上げて並べ広げていく仕事。その後、朝食後より私は「水舎」でテングサを洗浄する仕事になったので、後にも先にも「庭仕事」はこの1時間だけでした。

         

        その時に板を広げる仕事を一緒にやったのが、吉田さんです。吉田さんは「カナディアンファーム」のオーナーであるハセヤンこと長谷川豊氏の生き方やファームの取り組みに触れて共感を持ち、他県から茅野市(あるいは原村?)に移住された方です。早朝5時前から8時まで寒天の仕事をし、それからファームに行って夕方まで作業(修行)をするという生活をされていました。

         

        自分の手で建物を作り、食材を作り、自給で生きていく王国を作る。そんな希望を持って京都生まれのハセヤン氏は高校生の頃に八ヶ岳山麓の「酋長」と呼ばれる農家に弟子入りしたことがきっかけで、消防士になったり、アメリカへ渡り修行の旅を続けたりして、最終的この八ヶ岳の麓に農場とお店を開きました。

         

        その建物は極めて独創的で、オーナーのハセヤンが廃材や自分で切った木(カラマツが多いようです)を使って吉田さんたちお仲間と一緒に作ったものです。余談ですが、ハセヤンは「テレビチャンピオン」という番組で「廃材を使った建物作り」のチャンピオンになったとか。

         

         

         

        カナディアンファーム1

         

        その独創的な構築物を写真に撮りたいと、ダッシュでテングサの仕事を少しでも早く終わらせて、日のあるうちに訪れようと頑張り駆け付けました。独特の曲線が良いですね。。写真はフォトショップで少し明るくしましてありますが。

         

        こうした壁のない建物はお客さんが食べるスペースなんだそうです(冬は閉鎖ですが)。

         

         

         

        カナディアンファーム2

         

        このような窯でパンを焼いています(ピザではないそうです)。カナディアンということで出てくる料理はサーモンとかお肉が中心になります。薪も廃材が取り入れられていますね。

         

         

         

        カナディアンファーム3

         

        最近作ったというツリーハウスです。訪れた子どもたちの遊び場所としての意味合いだとか。ハセヤンオーナーは子どもたちに自然で生きていく技や、自給の知恵などを教えたいという気持ちを強く持った方のようでした。

         

         

         

        カナディアンファーム4

         

        こちらの部屋で寒天の同僚吉田さんやその友人のスタッフさん、そしてハセヤンとも話をして工場に戻って来ました。冬の時期でもこちらで料理を食べることはできますので、HPで検索して訪れてみてください。そしてここで働きながら、何かを得たいと思っている方も、訪れてみていただきたいと思います。

         

        ハセヤンについては、下記の本に10ページほど紹介されていて、私はここにある蔵書を借りて読みました。職業としての農業経営という視点での一般の農家の方には関心は薄いかと思いますが、私はいろいろと考えさせられました。

         

        自分は大学時代から内面ばかりを見て生きて来たタイプです。関心事は自己意識とか、認識の背景にあるものとか、物自体とはどういうことか、とか。。ハセヤンや吉田さんは、もっと外に向かって行動しています(世界を旅する寒天釜係の坂口さんも同類ですね)。建物を建てるだけではなく、子どもたちを募って体験学習を行い無償で技を教える。震災の時は即座に救援に向かい、そのような状況でどうすれば良いか体で判断して手を差し伸べる。。

         

        気持ちがあってもすぐにそれを表すということは、そうできることではありませんし、むしろ困難なことです。農家であれば、いまこの目の前の農作業を捨てて被災地へ行けるか、とまず自問自答するでしょう。

         

        自分がもし、信州大学生の時から再スタートするとしたら、ひょっとしたら、こういう現実社会へ積極的に飛び込んで自らの精神や肉体を「意識」や書籍からではなくて、現実社会から行動して学び、そして自分の王国を具体的に表現したい、という選択肢を持ったかもしれません(もっとも当時の自分のままに戻るなら、何度やっても同じルートを辿るのかもしれませんが)。

         

        もっとも、それはいまからでも遅くはないし、農家として鍛えられ、また寒天工場で鍛えられ、実際、社会とも無縁ではありませんし、子どもに何を伝えるべきか具体的にいつも考えます。いまからでも自分なりの王国は築けるでしょうか。

         

        2月16日の朝、吉田さんが吉田さんの王国を実現できますようにと願って、握手して別れました。

         

        冷燻サーモンを土産に買いました。ハセヤンや吉田さんの描く夢を自分になりに解釈しつつ、思いを馳せながら晩酌にいただきました。生の感じが濃いワイルドなサーモン料理でした。焼酎にもよく合う美味しかったです(子どもには生臭い感じと敬遠されましたが。。)

         

         

         

        寒天工場のすぐ近くにある諏訪中央病院院長の鎌田氏が書いた本です。確か150ページからハセヤンが取り上げられていました。

         

         

        posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        霧ヶ峰探訪記〜寒天工場エピソード1
        0

          霧ヶ峰から北アルプス

           

          真冬の霧ヶ峰を訪れました。雪に覆われた北アルプスが圧巻でした。

           

          寒天工場任期の半分をやや過ぎた頃、草を茹でる釜の調子が悪く、修理のため工程が1日だけストップしました。後にも先にも休日はこの1日だけ。休みがわかった前日には、35年前に訪れた霧ヶ峰方面が頭に浮かび、とりあえず蓼科や白樺湖方面を目指してドライブに出かけました。白樺湖に来てみると、先のビーナスラインが通行可能だったので、そのまま霧ヶ峰へ走らせました。何と言ってもすぐ麓で暮らしているので、霧ヶ峰まで1時間という感じでした。

           

           

           

          白樺湖

           

          全面結氷した白樺湖です。お客さんはいないし閑散としています。こうしたところの従業員は冬はどうしているのでしょうか。寒天工場ですかね?

           

          さて霧ヶ峰への途中に車山があり、ここはスキー場が賑わっていて、そこまでは往来もありました。そこを過ぎると車はいません。そして、冒頭のパノラマと出会うことができました。

           

          夏の間は多くの観光客が目にしたでしょう、アルプスの遠景。しかし、このようにべったりと白い衣装をまとった北アルプスをこのビーナスラインから目にする人は限られていることと思います。

           

          右の方に形の良い三角形の「常念岳」が見えます。信州大学時代、松本で4年間この常念岳、そしてその左の斜めの直線雪形が並ぶ「蝶ヶ岳」を真正面に見て過ごしてきました。写真では蝶ヶ岳の後ろに「大キレット」がはっきり写っています。そして、松本で見たときはこの2峰(+知名度は劣りますが大天井岳)が高く聳え、槍ヶ岳などはその後ろに隠されてしまっているのですが(下宿のある岡田地区の話で、信州大学のあたりまで南下すると槍ヶ岳の穂先はちらっと見えます)、ここでは、常念・蝶は前座として、己れの立場を低くし、その背後の主峰、槍・穂高連峰が高く見えているのです(実際高いです)。

           

          立っているビーナスラインが高いから実相が見えるのですね。

           

          35年前に松本から美ヶ原へ訪れた時も、同じように体験しました。美ヶ原に登っていくにつれどんどんと背後の北アルプスが高くなっていくのを体験しました。ヘーゲル「精神現象学」の言葉を思い出しました。「意識・視座が変わると対象自体も変化する」。自分が成長して見方や尺度が変わることによって、いままで見えなかった新たな対象が生成する。自分の位置が高みに達すれば達するほど、これまで見えてこなかった対象の真の高さが、見て取ることができる。実は(in truth)、常念の陰には3千メートルを超えた主峰が聳えていて、それはたかだか標高600mの松本という町の視座からは認識することができない、ということでしょう。もちろん、大キレットも見えるはずがありません。

           

          ちなみに、大学生だった自分にとって、この「大キレット」には畏怖の念が強く、どうしてもこれが何か恐ろしくて「槍・穂高の縦走」は結果、叶いませんでした。いまならそうでもないですが、でも体力的にどうでしょうか。いつか息子が親の縛られていた限界を乗り越えて「槍穂」を達成してくれる日をひそかに期待したいです。

           

          左右18cmというこのブログの制限がなければ、もっといくらでも大きく掲載したい光景でした。

           

           

           

          槍ヶ岳

           

          上の写真から槍ヶ岳を最大限引き伸ばしてみました。典型的な氷河が削った形ですね。

           

           

           

          中央アルプス

           

          こちらは中央アルプス。ここには登ったことがありません。なお、伊那や飯田など南信地方も私は好きで、実は就農への準備旅をしていた時に東京から何度か足を運んだこともある地域です。西に中央アルプス、東に南アルプスを眺めることができるるロケーションは最高ですね。長野と静岡、愛知の接する地方は、とても山深い魅力的な土地です。

           

           

           

          南アルプス

           

          南アルプスです。東京時代に鳳凰三山、仙丈ケ岳、北岳に登りました。松本を離れ、東京時代に山の意識というのに変化があって、スポーツ登山というよりも鬱蒼とした深い森への憧憬が強くなったように思います。それが、現在の奥羽山脈につながっているようで、自分にとって、南アルプスはまた特別の存在でもあります。聖岳・光岳とか南部の方も登りたくて地図を見たりしましたが、就農して実現しませんでした。

           

           

           

          霧ヶ峰のプレオ

           

          霧ヶ峰の終点までやってきました。お客が1人だけいました。写真は夏場はほとんど乗ることのない私用の乗用車プレオです。普通乗用車は家内が乗っていて、私がピアノやその他子どもの送迎をする時などのため買った安い中古車です。軽トラでは乗り切れないので。。白樺湖から先のビーナスラインはほとんどが雪道(凍結路)でした。

           

           

           

          黒曜石ミュージアム

           

          さて、白樺湖付近で「黒曜石体験ミュージアム」という案内看板を見つけたので、霧ヶ峰からの帰路に寄ってみました。看板の場所から、茅野市から白樺湖を越え反対側にかなり15分以上走った末にありました。

           

          私は黒曜石のファンなので、来てみてよかったと思いました。展示もさることながら、お土産が充実していて、ここで長野土産の半分は入手しました。黒曜石のお守りや飾り物、鹿の角のナイフと石がセットになったものとか、いろいろ興味深いものが並んでいて、かなりじっくり時間をかけて選びました。お客さんは私だけでしたし。。そしてこのお土産はこのミュージアムで職員が手作りしたものである点も特筆すべきです。他所から仕入れた土産物ではありません。買い物には入館が必要ですが、ぜひ入館して見学し、黒曜石のお土産を手にしてください。

           

          「銀河鉄道の夜」にも黒曜石は登場しています。

           

           

           

          滝の湯

           

          麓まで降りて来て、蓼科方面へ向かいました。「蓼科グランドホテル滝の湯」は、大学1年の夏休みに住み込みでアルバイトをした思い出の場所です。この日はちょうど明日まで休館改装中ということで、中に入ることはできませんでしたが、道路からの坂道のお地蔵さんも含め、懐かしい場所です。バイトは従業員用の寮で寝泊まりしますが、夜バイト仲間で1部屋に集まってワイワイと話したり、みんな若かったし、仲良しでした。いろんなところから集まっていて専門も違うし目標も違う。寮にこっそり入ってみましたが、いまは全室個室になっているようで、かつてのようにオープンにはいかない感じでしたね。

           

          当時はバブル前ではありましたが、夏でもありお客さんも多く、いまよりは景気も良かったのではと思いますね。現在は滝の湯も苦しい経営を強いられているようで、大学の頃にはわからなかったような「オトナ話」も工場で耳に入ってきたりしました。

           

          なお当時はプールがあったはずなんですが、見当たりませんでした。

           

          このあといったん茅野に降りてきたらちょうどお昼になったのでいったん工場に戻って弁当を食べ(金曜の昼なのでカレーです)、それから諏訪湖方面へ出かけました。ホームセンターでタラノメ用の水につけるバスケットを買い、SUWAガラス館でガラスのお土産を買い、1000円カットで散髪し、諏訪大社を見て、オルゴールの館を見て、温泉に入り、ネットカフェでメールチェックと検索をして、工場に戻りました。

           

          何と言っても主役は午前の霧ヶ峰でした。

           

          それほどの疲れも感じずに工場で晩御飯を食べ、また翌日は4:30に起きて草仕事に戻りました。

           

          ちなみに、携帯もなく地図も持って来ない環境でこのような旅ができたのは、車のナビのおかげです。寒天工場も分かりづらい場所だし、ナビがなければ何もできない体になってしまっており、それはそれで愕然とすべきです。バイク時代は「ツーリングマップル」でどこへでも行ったのですが。。今回では、目的地の名称をまず地元人に聞くなりなんなりで探り出して、工場の電話帳で番号を調べることができれば、セット完了、です。

           

          記事を変えて、エピソードはまだ続けます。

           

           

           

          天狗尾根

           

          付録: これまでの山登り経験(大したものではないですが)から、いまでも記憶に焼きつく長野関連2点をプリントフォトから読み込んで、この機会に掲載してみました。八ヶ岳の赤岳を登った後に南下して、キレットを無事下り、「キレット小屋」辺りで夕暮れに。平日だったこともあり小屋にもテントサイトにも誰もいなくて、単独行だし半径何キロかに自分しかいない状況で、日が暮れて行く「天狗の尾根」。あまりに神々しく、畏怖の念を抱いた光景でした。

           

           

           

          涸沢紅葉

           

          こちらは有名な紅葉の涸沢です。出版社時代、若いバイト生とともに(新宿発の夜行電車だったかな)。この時は上高地から岳沢を登って前穂・奥穂とピークを踏んでから涸沢へ降りたと記憶しています。奥穂の山荘へ泊まって、涸沢まで下山したところですね。ここのナマカマドも忘れられない色彩で記憶に深く残っています。1993年頃と思います。

           

           

           

          黒部の山賊

           

          おまけです。この本のことを思い出して探し出してきました。25年くらい前に古書で買いましたが、実に面白く、一気に読める本でした。古い最初の装丁の本で、ただ実際は山渓社から出ている新版の方が活字も読みやすく、新しい写真や記述も加わっているとのことでオススメですね。北アルプスで最も奥深い山域の憧れである「雲の平」や「水晶岳」(ともに名前も良い!)を舞台にした、荒唐無稽な山の出来事にどっぷり浸かり仕事や日常のことなど一切忘れていたい、そんな1冊です。

           

           

           

          posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          長野で伝統的な寒天作りに従事
          0

            寒天工場

             

            久しぶりに記事をアップいたします。12月の6日から70日間、長野県茅野市の寒天工場で住み込みで仕事をして、帰ってきました。

             

            これまでは冬場は盛岡市で農家の土壌の分析作業を行っていましたが、分析装置の老朽化で昨年度で事業が終了となり、今年は類似のというか、できそうな仕事を通勤圏内で探してみましたが、結局「冬だけ」という仕事はうまく採用にならず、たまたま大学時代の思い出の地である「長野県」に選択のチェックボタンを入れて仕事検索して、見つけ、決まったのでした。

             

            冬場はタラノメの出荷もしていて、去年までは土日と平日帰宅後(19:30〜21:00頃)の作業で通勤と両立していましたが、休む間もない疲れる日々でありましたし、逆に作業を均平化しようと早くから伏せ込みを始めて、終盤に素材がなくなってしまったという結果にもなりました。。

             

            それで今年は冬の4か月を2期に分け、前半をこの寒天出張に、後半の2か月をタラノメ専業(+米やにんにくの出荷)に集中して充てようと決めたのでした。

             

            そんなわけで、12月5日岩手を経ち、長野県茅野市(金メダル小平奈緒の出身地です)で2か月間暮らすことになりました。

             

             

             

            草

             

            私に与えられた仕事は、テングサの洗浄です。毎日、乾燥した草500kgを包みから開封していったん水に漬け、翌朝はその漬けた草を洗浄機に入れて洗浄し、水槽に漬け(2日間)、一昨日漬けた草を、茹でる部門である「釜」に送り出し、そして搬入された乾燥した草を1段階目の水槽に漬ける。この作業のくり返しです。

             

            テングサは栽培ができないそうで、採集に頼るということで、昨今はなかなか入手量が増えていかないようで、貴重な資源とも言えます。外国からの輸入が多く、それに国内の伊豆漁協産も混ぜて使用しています。

             

             

             

            タイコ

             

            これが洗浄機です。朝4:30に起きて2階の部屋から下の作業場に降りてきて、まずボトルにレギュラーコーヒーを沸かして入れ、それから第1段階で乾燥品を昨日水に漬けたものをホークで取り出してこの洗浄機に入れて、1番草と2番草は25分間、水を注入しながらタイコを回転させます(写真は3番を洗浄中です)。

             

            草は3番まであり、3番だけは乾燥した草をそのまま放り込んで50分間洗浄します。3番草はそのためか泡が最初多く発生します(左の洗浄機)。

             

             

             

            水槽

             

            洗浄した草は本日早い段階で草出しして空いた水槽に入れて、それは明後日釜送りになります。一昨日入れた草をコンテナに移し替えて、ローラーで午前11時までに釜まで送る草出し作業を毎日します。写真はローラーに乗り釜へ送られるコンテナが待機している状態。

             

            中央にホースが見えます。水は全て地下水(地下50mの井戸水)を使用しますが、夜間には10個くらいある水槽にこのホースを1つずつ入れて水を掛け流しにし、水槽内が凍らないようにします。昼間は草入れや草出しの邪魔になるのでこうして今日は使わない水槽の草の上にまとめて置いておきます。緑のケースからホースがタコ足のように出ていて、右下に見える太い蛇腹ホースで地下水をケースに投入して、タコ足ホースで全水槽に行き渡らせます。設置は夕方の最後に行う作業です。

             

            ちなみに奥に土手があり、車が並んでいますが、遠方から住み込みに来ている人たちの車です。矢印が自分ので。。

             

            仕事は午後4時には終わるので、それからすぐ風呂に入り(入る順番なので)、5時半頃には夕食です。テレビを見て、9時に消灯です。時々は夕食前に車でワークマンに行ったり、ネットカフェへ出かけメールチェックや検索をしたりもしました。遠足もしたし車で来て良かったです。

             

            食事は3食、給食センターの配達する給食でした。70日間1食も休まずに弁当を食べ続けました。ご飯は食べ放題です。自分で作らなくていいので、まあ楽ですね。食費は給料から天引きにされます(安いです)。

             

             

            釜

             

            こちらが、同じ建物内にあるテングサを煮る釜です。相当大きく、毎日1,000リットルくらい重油を焚いているようでした。最初の写真は車の置き場所からこの釜を炊く時の煙を撮った写真でした。

             

             

             

            草入れ

             

            釜セクションの若い2人です。私が洗った草を釜に投入しています。11時から始めて、写真は午後1時頃の段階です。彼らはこの作業を2時頃まで行った後、風呂や夕食など休憩に入り、少し雑用もあるらしいですが夕方5時頃には寝て、夜の11時に起きて1日の仕事を開始します。非常にハードなセクションで、誰もができるわけでは決してありません。結果的に残った精鋭2人がこの若者たちです。

             

             

            バケット

             

            夜中にトイレに起きることがあると、金属の軋む音が聞こえて来ます。クレーンの操作音で、茹で上がった草と茹で汁を一緒にこのバケットで、写っていませんが、隣の濾過層に移し替えます。布のようなフィルターの上にドサっと載せる格好で、下には濾過された綺麗な寒天の汁のみが溜まっていきます。

             

             

            生天

             

            溜まった煮汁をホースで静かに箱に流し込んで、寒天の原型が出来上がります。これがいわゆる「生天」「ところてん」になります。切れ目が入っているのが見えるでしょうか。これを外に「天出し」します。

             

             

             

            天切り器具

             

            これが「天切り」の道具。釜の係の仕事になります。夜明け頃の作業ですね。最後に私が仕事を終えて出発する際に撮らせてもらいました。坂口さんは世界中をバックパックで歩き、山岳も海のダイビングや釣りもこなし、自由な世界観で自然や人々を見続けて来た人と言えます。ネパールでヒマラヤをロングトレールされた話など、とても刺激になりました。こうした旅を息子としてみたいと強く思いました。が、いまの農業の現実で、1か月というようなスパンで海外を歩くということは、なかなかできることではありません。そういう生き方を選択する人には敬意を抱きますし、しっかりした考えといろんな努力の上に成り立つこととも思います。

             

            まもなく寒天の仕事は終了するわけですが、そのあとはヒジキの作業を少し行った後にタイへダイビングに行くそうです。家族を持ち定住する時期も近いのかなとも感じましたが、冬以外の3シーズンは山小屋で働くそうで、ぜひ時代に合ったセンスで山小屋経営をなさって成功していただきたいものです。

             

            折りしも、長野だけのテレビ放送で、槍ヶ岳山荘の4代目(30歳)が東京での仕事を辞めて代々継ぐ山小屋にスタッフ入りしたという1時間番組を見ました。私が槍に登った頃は2代目の穂刈貞雄さんでしたが、この放送の収録直後に亡くなられたそうです。

             

            彼一人のことではありませんが、なかなかわれわれには真似のできない生き方に出会いました。これからのご発展を祈ります。

             

             

             

            天出し

             

            さて、野外に天出しされた直後の寒天です。長野県茅野市は雪がほとんどなく湿度が低く、最低気温も−8度と、寒天作りに適した気候です。ここで強い寒気に晒して良い寒天が熟成されていきます。なお、軽井沢などの茅野諏訪よりもっと寒い地域では、寒すぎてまた適さないという話でした。県北部も雪が多くてダメです。

             

             

             

            天干し

             

            青空のもと、寒天がいい感じで並んでいます。岩手と違って、特に晴れると日中の最高気温が高いです。晴れれば春のようです。

             

             

             

            雪払い

             

            さっと雪が積もることも当然ありますが、こうした時は竹ぼうきで払ってやります。作業しているのは「庭」のセクションの人たちで、最も多く15人くらいいます。天出しされた寒天を並べ替えたり、運搬車で移動させたり、最後は奥に見えるハウスで乾燥させたりという作業を行います。草の部門は私1人でして、孤独なセクションではありました。そのため、洗って漬けた草を水槽からコンテナに入れて釜に送る作業はこの人たちの支援で一気に行っていました。

             

             

            電話

             

            タバコ休憩スペース。急な階段を上ると居住地区です。私は携帯がないため、電話はこれです。2週間に1度くらいはさすがにネットカフェに行きました。そこはソフトクリームが食べ放題なのが良かったですね。これからはやはり携帯がないとやっていけないし、便利かどうかとかいうよりも社会の仕組みから目を閉ざす行為とも感じられ、必要性を痛感してきました。ネットでの農産物の販売の面でも、たまに携帯からの注文があって、こちらのパソコンからのメールが先方に届かないといったことがあります。メールのチェックも携帯があればメールサーバーに入っていって送受信可能ですし、こうした出先での交通面や行き場所の検索も必要になりますね。来年の冬に向けて、本気で準備を考えたいです。

             

             

             

            茅野からの八ヶ岳

             

            住み込みの人が入るお風呂は、普通の家にある大きさで1人ずつ入ります。キャリアによって順番が厳格に定められており、相撲部屋のようです。多くは夕方5時までの勤務なので、4時に終える私は2時に終わる釜の人たちの次に風呂に入って5時までには上がるようにしておりました。

             

            とはいえ時々は車で温泉にも出かけます。ここは10分くらいのところにある「望岳の湯」という温泉で、八ヶ岳が見事に一望できる場所にあります。写真では感動を伝え切れませんが、良いですね。信州の山は。夕暮れ時、雪の波打つ山肌が神々しいです。

             

             

            お店

             

            工場から歩いて5分くらいのところにホームセンターとスーパーや百円ショップ等があり、便利でした。道路は国道20号。甲州街道ですね。沢内にいるとねじ釘1つ買うにも不便でしたので、店が近いありがたみが痛感されます。メモに控えておいたタラノメ用の資材器具も茅野で買って帰りました。

             

            信州大学生の頃にあった「松電ストア」は「デリシア」と名を変えていま風な感じになっていました。時々は酒も買い、せっかくなのでよそ製の焼酎やビールでなく地酒を買いましたが、木曽の「七笑」が自分には合いました。学生の頃「一升瓶のワイン」を「コンパ」とかで飲みましたが、これは健在でした。

             

            そんなわけで、2月15日に終了した後は1日松本を旅し、山形での研修会を挟み、2月18日夜に帰宅しました。その後はタラノメ作業や申告の作業、子どもたちとの約束だったディズニーランド行きなど実に多忙で。。積雪は3mになっており、山ぶどうの這うハウス(パイプのみ)は山ぶどうの上に雪が乗ってパイプが潰されました。ここでは山ぶどうは無理と断念し、春にパイプを抜いて、ジャガイモやニンジンの露地スペースに改めます。

             

            タラノメは去年後半に失速した経験を踏まえ、最初に書きましたが3月〜4月に集中してしっかり出す計画で伏せ込みを続けています。その様子、そして長野でのエピソード(遠足)等はまた改めて記事にします。

             

            20人を雇っての寒天工場でしたが、経営者は私たち個人事業主と同じ延長の、いわば農家さんのような方です。経費も投入し規模はもちろん私たちとは比べようもない経営でしょうが、夏は田んぼとかもやりながら、営業の旅に出たりもするそうです。その点はわれわれ農家とは夏と冬が逆転した格好ですね。この近辺が発祥の地と言われ、江戸時代から続いているとか。見学に来る人も多く、そういう人には外から丸見えの施設内で1人いる私が声をかけられます。羊羹に寒天が使われていることを初めて見学者に教えられて知った次第です。

             

            農機屋さん情報によると、寒天作りの際は、水の確保が一番だそうです。蓼科の方からではなくて、霧ヶ峰の方から流れてくる地下水脈が良い水だという話も聞きました。

             

            さて、今回の写真に掲げたような昭和のスタイルの寒天作りが今後いつまで続くでしょうか。30kgや50kgの乾燥草を水に投入し、ホークを使って水槽から草をコンテナに入れ、コンテナから洗浄機に入れ、洗浄機からコンテナに移してそれを次の水槽に入れ、2日後に水槽から出してコンテナに入れ、それを釜に送る。地道な作業。労働とは何か、を考えさせられます。休憩時間は特になく、話をしたり、あるいは機械のトラブル等があって作業が止まれば、その分遅くまでかかるだけのこと。「時間」で動く「庭仕事」の人とは違い、1日分の作業を終わらせたら終わり、のスタイルです。ちなみに働いている人は、ほうれん草やりんごの農家(地元や青森から)、漁師、庭師、山小屋で働く人(先の坂口氏)、たまたま仕事の切れ目だったので来た、などという人たちでした。

             

            私の担当は「水舎」と呼ばれる草(テングサ)を洗う仕事。農業のように果てしのない作業ではありません。1日分の工程が終われば自由だし、あれこれ悩むこともありません。農家は先行きのことをいろいろ考えて不安になります。このタラノメは無事売れるのだろうか。その前にちゃんと物になるだろうか。機械は壊れないだろうか。寒天の経営者もそんな忙しない気持ちで従業員に指示を与えながら激動の4か月を乗り切っているでしょう。

             

            冬の仕事の何かヒントになれば、との気持ちもあって長野に出かけました。ただ寒天はこちらではできないし、規模がやはり個人として真似できるものでもありませんでした。しかし懐かしい信州で、出会った人たちと会話しながら過ごせた70日は貴重な体験でもありました。休みは途中1日しかなかったので、お金を稼ぐ条件というのは良いと思いますが、コツコツ続く重いコンテナを休みなく引き摺り回す作業は、農家でないと苦痛かもしれませんね。

             

            沢内で当初にお世話になったおばあさんの言葉を思い出しました。

             

            「おばあさん、そんなに休まずに動いて作業して疲れないですか?」

            「動きながら、休んでら」

             

            動くと休むは普通は別なので、寒天庭仕事のように「休憩」が必要ですが、農家は動く=休むを同時に行っています。だから、休まずに1日を過ごし、それを何十日も続けられた。登山も同じですね。仕事とプライベートは別ものではなく、一体化していて、それが「暮らす」なんだ、と思っています。でも、このおばあさんの言葉を思い出し何度も反復しながら作業をしたので、そのおかげで71日の連続無休日無休憩の労働の日々を、何とか終えることができたのかもしれません(くり返しますが1日だけ休み、ドライブに行きました)。

             

             

            寒天

             

            お土産にいただいた角寒天を食べて元気に春を迎えたいと思います。

             

             

            posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 13:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            鈴木シェフによる西和賀料理の懇談会
            0

              鈴木シェフ

               

              岩手食文化研究会で、6月頃から企画を温めていた、西和賀の料理人鈴木智之氏の手による食事研修会を10月15日日曜日、沢内太田地区にある「遠巣谷の森文化交流センター」で開催しました。

               

              この研究会では、今年の6月に、「次世代に残したい岩手の食材30選」続編(前編は既刊済み)を発行し、私も編集に携わっておりましたが、編集会議等で西和賀の食材の話題が出るたびに、湯川温泉の高級旅館「山人」で料理長をされていた鈴木智之シェフの話題になりまして、実際、熊肉についての記事の執筆に当たっては、この鈴木氏にジビエを含めた熊肉についての取材を行ったりもしました。私たちの中では、鈴木氏は伝統食の枠組みとはまた異なった、まさに現在の西和賀の食の中心的なプレゼンターであるという認識が生まれておりました。

               

              鈴木氏は既に「山人」は退職され、現在はパン工房「コルヴァ」を主宰し地元の数点の店舗でのパンの販売をメインにされつつ、こうした食事会の求めにも応じてくださるという活動をなさっています。

               

              工房はあっても、店舗や食べるスペースをお持ちではないので、今回は、この鈴木さんにとっても、私にとっても馴染みのあるここ「遠巣谷塾」を定期的に開催している小田島弘枝さんのお宅を会場にお借りしたのでした。私が鈴木氏に会って、今回の食事会のお願いを申し出たのも、ここでのセミナーの時で、その時のセミナーは「三閉伊百姓一揆」がテーマでして、鈴木さんは「百姓一揆を表現した」というパンを参加者に配布してくれたのでした。農民の魂の湧き上がる噴火のようなイメージだったでしょうか。。

               

               

              一揆のパン

               

              写真がありましたので、お付けします。

               

              小田島さんは長く東京でスタイリストの仕事をされた方ですが、沢内出身のご主人とともにこの地に住まわれ、震災後、主に私たち西和賀住民を対象にした広く歴史、芸術、文学、健康といったテーマについて、第一級の講師を招聘してセミナーを定期的に開催していらしゃいます。

               

              こういう素晴らしい場所で、鈴木シェフの料理を堪能し、西和賀の食についてや、ご自身のこれからの展望などを語ってもらったひと時でした。12月よりレストランを立ち上げたいとのことで、愛好する開高健氏の料理を辿りつつ、かつ縄文イメージをベースにした食の場を提供される計画と聞いています。期待も高まりますね。

               

               

               

              料理概観

               

              料理の概要はこんな感じです。ちなみにテーブルとか調度品などは、既に亡くなられた小田島さんのご主人の手によるものです。ご主人もまた東京で、サントリーのCM作家として、まさしく開高健氏が出演するウィスキーのCMを数々手がけてこられた方です。絵画の技もすばらしく、陶芸や木の作り物などもご自分でなさる方でした。絵本童話も出版されています。

               

              そういうロケーションで、料理も映えますね。まさにここが西和賀の文化的発信の拠点になっていくのではないかと私は思っております。

               

               

               

              当園産小麦のパン

               

              本職はパン屋さんなので、今回、当園の南部小麦とライ麦を使ってパンを焼いてもらいました。自分の小麦で作ったパンを食べるのは初めてのことでした。

               

               

               

              クマ

               

              こちらは熊肉になります。全然固くないし、臭みもありません。

               

               

              ウサギ

               

              こちらは、鈴木氏自身が一番うまくいったという湯田牛乳ヨーグルトを使ったメニューで、ウサギの肉が入っておりました。

               

               

               

              お通し黒にんにくソース

               

              これは、お通しという感じの皿で、これもまた芸術的です。お皿の右上に盛られた黒いものは、当園の黒にんにくをベースにしたシェフ特製のソースです。実に美味しくて、何にでも付けて食べたくなりました。こういう美味しい独創的なものを、どんどん商品化してほしいです。シェフご自身の特製ソースを何通りかお持ちですので、それにより他とは違うオリジナルの料理になっているんでしょう。

               

               

               

              南部地鶏

               

              さて、この食事会の前に、研修先として、南部地鶏を飼育している農場を訪れました。秋田の比内地鶏よりは有名ではないかもしれませんが、岩手の鶏として、知名度もそこそこにはありますし、農場を経営する高橋雅一さんに忙しい中、説明をしていただきました。最近、専用の解体工場も整備されて、これから本格的に売り出すというところです。このお肉も食事会のメニューに入っておりました。

               

               

               

              若畑創作館

               

              最後に、せっかく盛岡から足を運んでもらったので、参加した会員さんには、帰宅時に篭制作工房「若畑創作館」を見学してもらいました。前は当園のホームページでも篭の注文を受けておりましたが、近年はあけび蔓などの素材を取りに行ける人がいなくて、在庫があまりないという状況が続いており、当園でもHPでの受注をやめました。ただ細々とは続けているので、ゼロというわけではありません。

               

              お年寄りの活動になるのですが、夏場には畑仕事をして、冬に篭を編みますので、秋である現在が一番在庫が乏しい時期になります。一冬越えて春先になれば、もっと陳列も増えていることでしょう。それなりに素材の蔓も集まってきているんでしょうかね。

               

              こうして、沢内を舞台にした研修会は無事終わり、段取りをした私の肩の荷も降りました。

               

              次回は稲刈りの話題になります。今日の台風も含め、10月は天気がとても悪く、まだひとめぼれの1枚が残っています。先にりんどうの片づけ作業に着手しており、廃園にする場所のネットや支柱を取り除いたり、来年も残すりんどうの花茎部分をもぎ取って、ネットを一つに重ねて上げて、取り外しする準備を行っています。りんどうの収穫は、明日最後の1箱を出荷して、今年は終了です。昨夜は最後の出荷用の結束をして、すぐそのままフラワーバインダーの清掃に着手し、機械の内部や下に落ちたりんどうの葉の屑などをきれいに集めて掃除しました。ちょっと早めに夜なべをやめて、選挙特番を見て、という感じです。だんだん夜なべも早めに終わるようにはなってきました。

              posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              田植え間近です
              0

                ヤマナシ2

                 

                雲ひとつない素晴らしい好天に恵まれています。年間でこんな日は10日もありません。やまなし(イワテヤマナシ)の花がきれいに咲き誇っています。町内あちこちに見られますが、普段はそれと気づかれることもなく見向きもされませんが、この開花期のみはその見事さに人々の目線が向かうという感じでしょうか。

                 

                いままで、こんなに咲いていないので、今年の秋はようやく実が多くなることでしょう。

                 

                 

                鳥海山

                 

                連休中は結構天気が良くて、スポ少(中学は部活)で忙しい上2人の子と違って何もない小2の娘を連れて、秋田の大森山動物園へ行って来ました。上の子たちは保育所の頃(1歳から入園)から平日も結構あちこち出かけたりしていましたが、その子らが学校に上がり、スポ少や行事で土日も忙しくなってくると、親(母親ですが)はその送迎にかかりきりとなり、末娘はポツンと家に取り残されるパターンが増えて来ました。経営規模も上の2人が幼少の頃に比べると忙しさが倍増しており、そんな娘にかまってやれない日々。。でありますが、この日は、出かけて来ました。

                 

                秋田といえば、やはり私には鳥海山ですね。菜の花畑をバックに娘が撮ってくれました。13号線は通らず、少し西の県道を適当に進んで秋田市を目指しました(ナビも使いながらですが)。

                 

                 

                 

                カピバラ

                 

                大森山動物園を選んだのは、盛岡だともうあまりにも多く出かけているし、仙台の八木山はちょっと遠いしで、いままで行ったことのない大森山にしてみました。

                 

                カピバラは温泉タイムというのがあったようですが(緑の容器がお風呂でしょう)、時間が合わず、見れませんでした。動物園へ行くときは、各イベントの時間を把握して、それに合わせて全体の歩き方を構想しなくてはいけませんね。初めての来訪ではなかなかそこまで完璧には歩けませんね。ディズニーランドの時もそうでしたが。。

                 

                 

                白フクロウ

                 

                冬に訪れた横浜ズーラシアでも人気だった白フクロウ。笑っているような表情にみんなシャッターを切っていました。

                 

                昼にはホカ弁を途中で買おうと思っていましたが、ついに店が見つけられず、園内で高い軽食を買うことになりましたが、これもたまにはご愛嬌です。ただ入園時の混雑は大変なもので、敷地内に入ってからの渋滞+入り口から遠いところへの駐車となり、1時間は余計に費やしました。最高に天気の良い連休真っ只中の日ですから、仕方ありませんね。仙台だったら、もっと凄かったかもですね。

                 

                来年は登山(低山)ハイキングなども検討してみます。あるいは、釣りとか。

                 

                 

                 

                牛沼

                 

                さて、帰宅時に、目を付けていた横手公園牛沼へ初めて出かけ、日暮れ寸前の30分ほど、初めて竿を出して偵察として来ました。すぐ暗くなってほとんど何もできませんでしたが。。

                 

                そして2日後、結局スポ少で動物園に行けなかった小6息子がたまたま一人家に残っていたので、天気が唯一悪かった日ですが、お昼頃まで仕事をして、それから牛沼へ再度出かけて来ました。近くの釣具屋さんで情報と釣り具を若干仕入れて、3時間くらい粘ってみました。が、ダメでした。

                 

                写真で息子が竿を出している場所に、動物園帰りの日も、この2日後の時も、ベテラン風の釣り人が陣取っていて、結構何枚も上げていました。ベストのポイントなのでしょう。その人たちが帰った後にちょっと竿を出してみましたが、まあ、ベテランもアタリがなくなって引き上げたというその後に、素人にヘラが釣れるべくもありません。

                 

                日中、赤い橋をまたいで反対側に座っていた私たちに、そのベテランの会話が聞こえて来ました。「マッハ」とかいう言葉が何度か聞かれ、これはエサ(練りエサ)の商品名を指しているに違いないと直感し、撤収後に先の釣り具屋に再度訪れて、エサの棚に「マッハ」を見つけたときは、思わずニンマリで、当然、すぐに買って、次回に備えたのでした。

                 

                何となくヘラブナ関係のサイトを見ていると、ヘラ師のこだわりの性分や、技を教えたいといった親切な面など書かれてもいて、ひょっとしたら、対岸の釣れない親子にさりげなくヒントを送ってくれていたのかも、とさえ思ったりしました。

                 

                こうして連休は無事終わりました。

                 

                 

                ピアノ搬入1

                 

                さて、連休明けの火曜日5月9日(大安)に、ピアノがわが家に搬入されました。連休行事などよりもビッグな、もうほんとに一大イベントです。前日の強風と打って変わって、素晴らしい五月晴れです。

                 

                念願のピアノ。私は弾けませんが、子どもたちには3人ともレッスンに通っています。古いクラビノーバを近所からいただいて10年近く使っていましたが(製造は何十年も前のものです)、音の出ない鍵盤が出て来たり、ペダルが効かなくなったり、まずもう限界でしたし、やはり本物のピアノの音にはかないませんから。。

                 

                新品は買えませんし、近所で眠っている使わないピアノを探したりもしましたが、結局メンテナンスのできていないようなピアノを入手してしまうと、その修復等のため後でかなり大変なことになるだろうとの判断で、ピアノ屋さんからのきちんとしたものの購入としました。ちょうど、たまたま、ピアノの先生経由の情報で、古いけど良い状態のアップライトが入荷したということで、鍵盤を全部新調し、綺麗にされたヤマハの「U1H」を買うことになった次第です。

                 

                刻印の品番から1974年1月の製造と思われます。ピアノ製造の全盛期といわれる時代で、木などの素材も本当に良いものが気合を入れて使われていたというような逸話もあり、いまでも人気のピアノのようです。バイオリンとかと同じく、古い年代を重ねた木の楽器の音色には味わいがあるのでしょうね。

                 

                2回の娘の部屋への納入で、専門業者によるユニックを使っての作業となりました。

                 

                写真でも薄く見えておりますが、ケーブル(テレビの)が邪魔をしていて、その上まで高く吊り上げてから下ろすという作業になりました。

                 

                 

                ピアノ搬入2

                 

                部屋へ入れる瞬間はかなりの高度なテクニックで、手に持ったユニックのリモコンを微妙に操作して引き寄せて、斜めに傾けながら部屋に入れるという技です。素人にはとても無理な作業です。

                 

                 

                U1H

                 

                こうして、216kgのピアノは、無事部屋に収まりました。2日後(11日)、調律もしていただいて、美しい音が鳴っています。

                 

                ここは雪や雨の多い風土です。前の所有地は花巻市だったそうですが、ここはもっと夏冬通して湿度が高いと思います。カビやサビなどに対する対策をちょっと真剣に考えていきたいと思っています。

                 

                 

                 

                ポポーの種

                 

                春爛漫、すべてのやるべき作業がテーブルの上に乗っています。その中から毎日筆頭の作業を選んでコツコツ行っていますが、一つにポポーの種まきがありました。去年の秋に種苗交換会で買った1年生ものの苗木を植えたところ、この春、若い新芽が出てくることはありませんでした。もっと大きい苗木を見ると恐ろしく高く、何気なくヤフオクを見て、種を出品していることを発見。早速落札し、届いた種をすぐにポットに播きました。

                 

                写真は名前のついた品種になっていますが、もう一つ、在来種6粒もセットに入っていて、在来種の方を重視しています。おそらくはウィルソン系という方は、性質が固定していないのではと思い、どんな実をならせるかわからないですね。

                 

                まずは発芽が大変長くかかるようで、温度も要するとのこと。水稲ハウス内にトンネル支柱をして、2重ビニール張りとして育苗を開始しました。この晴天で芽が動いてくれますように。

                 

                 

                たらの新芽

                 

                さて、最後はまさにたらの芽です。秋に切り倒した後の株から芽が出て来ました。朝仕事で芽かきをして歩いています。いっぱい芽を残すと、細い木になり、小さなたらの芽になってしまいます。かといって減らしすぎると極太の木になり、しかし収穫される芽は普通サイズ(ちょっと大きいくらい)で、意義が薄い。株に何本残すというよりも、その芽が小さいようだとむしり取るという感じで芽かきしています。太い木には2本までとし、3芽付いていたら、2つにします。細い木は1芽だけにして、同じようなサイズのものだと下の方を生かし、上の方を取ります。上の方に芽を残すと、だんだん木の始まり地点が上へ上へと上がってしまうからです。

                 

                この芽が一本の木になり、早春に15個くらいのたらの芽を生み出してくれます。

                 

                取った芽は、もちろん、天ぷらにして食べます。旬の味覚になります。

                 

                今日は代かきを進めています。高低差が懸案であった田の均平修復(土移動)にも取り組みますので、少し緊張感があります。

                 

                posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                盛岡市都南の"ベジタリアン・カフェ"探訪
                0

                  ルーニー

                   

                  たらの芽の作業に追われ(切ったり、水に漬けたり、水槽に並べたり)、コンパネ4枚2坪の小規模ながら、まずは水槽全体を駒木で埋め尽くすまでが最初の目標で、通勤の帰宅後と週末とですが、日々頑張っております。駒木を置き終わった後は、収穫して空いたスペースに次の駒を置いていくという流れになります。もう少し経って出荷が始まると、伏せ込みと出荷の両方で忙しくなりますが、いまはまだ伏せ込みのみのこの時期。家族サービスというか教育的価値もあると思うのですが、1月29日日曜日、盛岡市都南にある「ベジタリアン・カフェ・ルーニー」へおいしい飲み物とデザートをいただきに行ってまいりました。

                   

                  店主の照井さんご夫妻は沢内の、しかも当園の近所のご出身ということで(奥様は沢内出身ではありませんが)、お付き合いもあったのですが、ご自宅を改装し、「ローフード」のジャンルでのドリンク、スムージー、サラダ、ナッツ類を提供する「カフェ」と言っていいと思いますが1年前に開店されました。そこで出されるメニューは、まさにここだけのオリジナルで、さまざまな食材を、時に乾燥した粉末までも取り入れながら、ミキサー等で組み合わせて「創作」されております。同じものは他ではありえない、まさにオンリーワンのメニューをいただけるカフェです。

                   

                  「ローフード」は「スローフード」と間違えてしまいがちですが、加温を控えた低温の調理法をモットーとする生の「raw」のようで、また農薬や化学肥料を不使用の食材をベースにし、もちろん添加物等も使っておられないことでしょう(聞くまでもないでしょうか)。健康や栄養面の安心を第一に独自の食に対するスタイルを追究されており、敬意を持って陰ながら応援させていただきたく思っております。奥様は「ローフード協会」認定による資格も持たれており、平日は「ミュクレ」という名称で、同じスペースでスクール(レッスン)を開催され、土日は「ルーニー(Looney)」という一般客にオープンにされたお店としてのカフェを展開されているのです。完全なお休みの日は土日以外の祭日のみだとか。

                   

                   

                  子ども(ルーニー)

                   

                  場所は盛岡市津志田南で、マックスバリュの近くなんですが、大きい道路から一つ中に入った住宅地にありまして、私はナビの導きによっても、間違えて2回もぐるっとやり直して走行し、ようやく辿り着くことができました。かなり近づけば、道に面した看板も出ていますので、わかると思います。

                   

                   

                  スムージー

                   

                  イチゴ、バナナ、アサイーなどさまざまな食材がブレンドされた飲み物3種を子どもたち2人といただき、一番ポピュラーといわれるデザート盛りつけを1皿を注文しました。左から「ベビーピンク」「スムージー」「スーパーフードスムージー・パープルルクマ」です。これは聖なる果実「ルクマ」が入っているそうです。

                   

                   

                  フルーツ

                   

                  「アサイーボール」です。メニューについてもさっと眺めてピンと来るようなものは並んでおらず、まだ、私には完全にご夫妻のポリシーや食材の選び方について理解が及びませんが、末永く、時々ですが訪れてみたいカフェですね。お近くの方、あるいは遠方でも盛岡へ出られた際には、ぜひ立ち寄ってみていただきたいスペースです。土日限定です。有機・自然栽培系の農家の方も訪れているスポットのようですし、こうしたカフェから岩手の食や農の活発な議論がわき起こって発信されていく場所になると良いですね。文化人じゃないですが。。

                   

                   

                  さて、この日は、先立って、コンサートに出かけてきました。盛岡駅前のマリオスにある市民ホールで開催されたブルックナーの交響曲第4番で、小5と小1の2人を連れて行って来ました。盛岡市でもブルックナーを演奏されるような時代になったんですね。全国の傾向でしょうが、チャイコフスキーやドヴォルザーク、ラフマニノフ、シベリウスといった作曲家の曲は、どの地方都市でも市民権を得て演奏されております。が、ブルックナーとマーラーだけはほぼ東京や大阪でしか行われない傾向がありました。演奏が難しいのかもしれませんが、しかし、彼らの死後100年以上が経って、ようやく、「古典」になりつつあるのでしょうか。

                   

                  ブルックナーといえば、交響曲第3番の初演の時、楽章が進むにつれ観客がだんだんと退席していなくなっていき、最後に残ったのは若きマーラーとその友人たちだけで、彼らから熱烈な喝采が発せられた。と有名な逸話が残っています。ラベルの「ボレロ」も初演時に老婦人の発した「クレイジーすぎる!」との評に、それこそ最高の賛辞だと作曲者は答えたそうですが(正確な記憶じゃなくすみません)、時代を先取りする大物はこういう話がいくらでもありますね。いずれ確かにブルックナーは総じて難解な曲とも言えるかもしれないです。

                   

                  このブルックナーの交響曲を小学生に聞かせるにあたり、前もって次の3点をレクチャーしてみました(特に5年生の息子に対してですが)。

                   

                  (1)ブルックナーは「ブルックナー始まり」で始まる。ベートーヴェンとかのようにいきなり主題が出てくるのではなく、弦楽器全体が小さな音量で震える音を出して、その背景の上におもむろにホルンで主題が現れてくる。「ブルックナー始まり」は「原始時代の霧」とも呼ばれていて、太古の時代のたち込めたもやの中から巨大な恐竜がゆっくりと姿を現してくるのだ。夜寝る前にステレオで聞くときは「原始霧」は小さい音で聞こえないので、生の機会にしっかり聴くように。このようにまずは教え込みました。

                   

                  (2)ブルックナーは2連符と3連符が交互にくり返される。タータ・タタタ、と、タタタ・タータがこれでもかと執拗に出てくるのがブルックナーだ。このリズムに慣れ親しもう。

                   

                  (3)「クレッシェンド」は音がだんだん強く大きくなっていく指定だが、これが非常に長く長く続く。このためクレッシェンドの到達点はものすごいパワーになってわれわれに迫り来るので、この音の強大なパンチに魂が飛ばされないように気をつけろ。が3点目。

                   

                   

                  一番好きな演奏はクーベリック/バイエルン放響のレコード時代の録音のものです。

                   

                  ということで、プログラム前半のシューベルト(「未完成」)では少し居眠りしてしまった2人でしたが、後半のブルックナー4番では1時間の曲を最後まで聴いておりました。盛岡市民文化ホールは新しいホールで、残響の具合もよく、演奏もまたとてもよかったです(いわて県民オーケストラ)。弦楽器の配列は古典スタイルで、第1と第2のバイオリンが両サイドを占める形です。音のブレンド感が良いですよね。また開始時のトレモロもですが、弦奏者は常に左手もビブラートをかけ、右手は激しく上下しなくてはなりませんが、その懸命な姿にも感銘を覚えます。ハース版だったので4楽章のシンバルは入りませんでしたが、本当に久々のブルックナーを体感する一日となりました。

                   

                  ブルックナーとしては、次はぜひ8番を聞きたいですし、子どもたちにもその圧巻の音圧をがっしりと受け止めてほしいと思います。第8は東京に出たての頃、上野の文化会館で朝比奈隆/大阪フィルの東京定期の公演を聴いたのが最初で最後です(聴いておいて良かった演奏会でした)。

                   

                  岩手で第8の機会を待つのも良いですが、農閑期に限りますが東京へ聴きに行くこともありですね。ディズニー関係はまず訪問地として終了しましたので、次回、来年の冬になりましょうか、この前行けなかったお台場の観覧車とかも訪れながら、コンサートとか、ミュージカルなども経験させてやりたいなどと思っている次第です。まずはこの1年の農シーズンに全力を注いだ後のご褒美に、ということになりますが。。

                   

                   

                  しょうがスライス

                   

                  このほど、初のチャレンジとなったしょうがを全部スライスし、乾燥機にかけました。乾燥前の状態がこちらです。まだまだどうなるか今後のことはわかりませんが、にんにくと併せ、しょうがも作っていきたいと思っています。残念ながらしょうがは寒冷地では不向きで、そんなに量は穫れませんので、小規模でやりたいと思います。旬の時期(10月後半)だけ新鮮なしょうがを出荷し、その後すぐに、フレッシュな状態のうちにスライス乾燥をしたいと思います。今回はいろいろ出遅れて遅くなってしまいました。岩手では常温でも冬越しすることができない品目のようで、出荷はスライスをメインとしたいと思います。

                   

                  写真は大しょうがですが、小しょうがの金時も良い風味を持っています。昨年は「土佐」「お多福」「近江」の3種の大しょうがと金時でしたが、この春には、大しょうが1品種と金時しょうがの2種に絞って作付けしたいと考えています。

                   

                   

                   

                  posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  雪国のシューズボックス
                  0

                    シューズボックス1

                     

                    当園のホームページでも一部作品を掲載している、子どもたちの片袖机を作っていただいた町内の木工作家竹澤直樹さんに、下駄箱を作ってもらいました。家を建てたときに大工さんに市販のものを取り付けてもらっていましたが、重量感がなく、ずっといい物が欲しいと思っておりました。最近引き戸の具合もよろしくなくて、思い切って制作をお願いし、お盆休みに搬入していただきました。

                     

                    世界に3台しかない17年前の設計の下駄箱で、ブナの無垢材になります。下駄箱の天板というのは、一時的な物置き場として、ハンコを着いたりする場として、何かと存在感のある場所と思っていました。そこをしっかりした板で作ってもらいました。特徴ある棚の戸や、左側面の作りも気に入っています。前もって寸法を測ってもらい、ブナ材で作ってもらえて、嬉しく思っています。

                     

                     

                    シューズボックス2

                     

                    一段ずつ、戸が上に折れ曲がって開閉できるタイプの設計で、90度曲がるためのビスが内蔵されているのですが、これも木で作られています。万一このビスが壊れた際の修理のために、接着剤を使用しない組み立てになっております。もちろん、片袖机のときと同じく釘は不使用です。ちなみに、片袖机についての記載はブログのこの2か所で紹介しています(▶上の子2人2台▶下の子の机)。

                     

                     

                    シューズボックス3

                     

                    一番下はこのように長靴などを地べたに置いて、戸だけが付いているという形です。日々長靴をその都度下駄箱に締まったりしませんし、冬などこの戸は開けっ放しにしておきます。置くのは直接のコンクリだし、靴底の雪や水分が下駄箱を汚すこともありません。この辺りが雪国らしさを感じさせる気がします。

                     

                    狭い玄関スペースですが、充実感を覚えております。

                     

                     

                     

                    彼岸りんどう

                     

                    さて、本業の方ですが、彼岸りんどうから極晩りんどうへと移行しています。今年はお盆も彼岸も大幅な前進出荷で、肝心の最需要期に物流が少ない、という大変なシーズンです。夏秋とも出荷量のピークが需要期でないときに来てしまうので、価格が暴落し、ほとんど手取りがない状態になるわけで、りんどう農家としては落胆しかありません。これだけ汗して働いているのに。。

                     

                    ただ彼岸需要期については、当園では、彼岸に続く次の品種が前倒しにより彼岸需要期に当たってくれたため、需要期にも出すものはたっぷりあったのですが、その前の暴落期に大量に出した低価格を取り戻すには至りません。

                     

                    いずれ20日の出荷で彼岸需要期も終わり、現在また値段は下降しています。

                     

                    写真は「いわて夢みのり」といって、通常9月25日頃にピークが来る品種で、彼岸需要期後の出荷ですから、去年など本当に安くてやる気を削ぐ品種でもありました。が、今年は需要期にかぶってくれて、ああ植えておいてよかったな、という感じでもあります。通常、西和賀は大家族農家が多くあり、昨今は集落営農などで、1軒あたりの規模が大型化する傾向です。こういうスタイルの人たちは、人海戦術ですからお盆と彼岸の値段のいいときだけを狙った品種を大量に作付けする傾向となります。加えて彼岸期以降は稲刈りとぶつからないよう、10月以降出荷のものに絞るようです。反面、当園のように1人農業をやっているような零細農家では、モノ日だけに大量には出せないので、細く長く、いつも途切れなくというスタイルの植え方をしています。稲刈りやにんにく定植とかぶりますが、規模が小さいので小回りが利きます。今日も安くなり始めたりんどう採りを犠牲にして、小麦を蒔いています。

                     

                    値段が良いときもあれば悪いときもある。そのこと自体は不変なので、年間を通じてコツコツ地道に出荷していれば、どんな年でもりんどうは安定した収入が確保できる品目でもあります(今年は極端でちょっと異例ですが)。お盆と彼岸だけに特化して儲けようとすると、今年のようなことになってしまい、安いときだけしか出せなかった、ということが起こります。大きな人件費を抱える大型農家ではそれは経営をぐらつかせる要因になり、リスクです。いずれ今年のりんどう平均単価はすごく低くなるであろうことは間違いありませんね。

                     

                     

                     

                    小麦蒔き溝

                     

                    りんどうの出荷は続きますが、小麦播種・にんにく植え付け・稲刈りという最大の繁忙期に入っております。その準備がまず大変です。小麦畑はトラクターの尾輪で蒔き溝を作り、そこに手で蒔いていきます。トラクターで耕起するにも耕耘幅をダブらせながら溝を作っていくため、通常の耕起の2.5倍くらいの時間を要します。が、鍬などで溝を掘っていたら、もっと膨大な時間がかかりますし、トラクターは乗車しているだけなので、楽でもあります。中ほどに畝の広い部分が見えていますが、これは最後に耕耘した場所で、最後は狭く尾輪をつけることはできないので(これがロータリーの幅)、長靴等で踏んで跡をつけ、その溝に蒔いています。

                     

                    その他、にんにくについては、7月の収穫後に米ぬかを投入して耕起、8月の下旬には堆肥と苦土石灰と豚糞を入れて2回目の耕起、そしてこのほど先週の木曜日ですが、最終耕起し、畝立て機で畝立てしました。現在時間を見てマルチを張っています。

                     

                    稲の方は、稲刈りに先立ち、ハセを昨日から組み始めています。いずれ本作業に着手する前の準備作業に追われていて、逆にストレスになります。あれこれが同時進行で、てんやわんやですね。本作業が開始すれば、少し落ち着いた気持ちになりますが、先立つ段取り作業が肝心です。。それら秋作業はまたお伝えし、今回はまず雪国シューズボックスのご紹介をメインの話題とさせていただきました。

                     

                     

                    posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    夏が終わります
                    0

                      水族館

                       

                      夏が終わり、昨日から秋になりました。岩手県内で大きな被害をもたらせた台風もこちらでは全くと言って良いほど影響もなく、翌日から残暑が戻ってきています。それにしてもだんだんと被害の拡大が報道されてきていて、衝撃を深くしています。

                       

                      8月は光ケーブルが切れてしまうという事故があり(室内で)、2週間もの間、電話とインターネットが繋がらないという状態が続いていました。連絡をつけてケーブルを発注するのに1週間、そしてケーブルが到着するまで1週間を要しました。時々家内の携帯からメールサーバーを覗いたりしていましたが、画面も小さく、返信メールを打つのにも大変な苦労を感じました。

                       

                      その間、ブログはおろか本体のサイトの方も更新ができないでいましたが、まず小麦の脱穀が終わって選別もすみ出荷できる状態になったことと、お盆過ぎからと言っておりました「黒にんにく」も仕上がってこちらも販売が可能になったことを、回線復旧後、すぐに更新してお知らせ申し上げました。本年作もどうぞ宜しくお願いいたします。

                       

                      さて、子どもたちも夏休み後半となる8月10日ですが、仙台に今年新しくできた「うみの杜水族館」に出かけてきました。ふだん8月10日というとお盆出荷のりんどうの最盛期であり、とてもお出かけの余裕などあり得ないところですが、今年は大幅に前進化し、1週間前の8月5日頃に最大となったため、ちょっと農家としては残念な夏になってしまいました。翌日の11日は山の日ということで祝日であり、その後はお盆ということで、10日しかないなと思っていて、行ってきました。

                       

                      入り口からすぐ隣のエリアの大水槽がいきなり眼前に広がり、これは大迫力で見応えがありました。

                       

                       

                      イルカショー

                       

                      イルカショーもまた大迫力で、これも大満足です。陳列の点数も多く、午後2時〜6時までたっぷり4時間をこの水族館で過ごしました。

                       

                       

                       

                      銭湯

                       

                      仙台旅行なので、帰りは遅くなりますし、仙台市内で事前に検索していた銭湯に入ってきました。温泉や新しいタイプのお風呂は結構あるのですが、この昔ながらの銭湯は探すのに苦労します。20年前に東京にいた時は三軒茶屋界隈にごく近いところで3軒ありましたが、いまはどうなっているでしょうか。盛岡でも減っています。

                       

                      子どもたちには、「テルマエ・ロマエ」で理解されているところです。腰に手を当ててフルーツジュースを飲みました(1本130円でした)。

                       

                       

                       

                      ぐりとぐら

                       

                      水族館に行く前になりますが、宮城県美術館で「ぐりとぐら展」を見てきました。ぐりとぐらの原画でして、点数も多く、結構上の子は保育所で読んでいて知っている本が多かったです。宮城インターを降りてすぐにトンネルの直進道路があり、それが終わったところに美術館がありますが、このトンネルがかなりの渋滞で、しかもその後に美術館に行くために結構な大回りを強いられたりし、時間を使ってしまいました。

                       

                      なお、この美術館から水族館までの道も簡単ではなく、道を知らない旅行者にはナビの必要性を大いに感じたところです。後半慣れてきて、水族館から銭湯までは地図をキッチリ把握してその通りに到着することができましたが、美術館から市街地を経て水族館方面へ向かう道へ辿り着くのには苦労しました。

                       

                      帰宅は11時頃になりましたが、まあ楽しい夏休み旅行となりました。

                       

                       

                       

                       

                      熊被害

                       

                      ケーブル断線で夏の報告もいろいろ遅れております。町道沿いにある軽自動車用サイズの小さい車庫なんですが、夏場はいろいろ物入れとなっていて、りんどうの出荷ポイントにもなっています。8月9日早朝、ここに入れていた豚糞を熊に食われるという被害が起こりました。簡単な小屋ですが、波トタンの外壁のつなぎ目をベリベリと剥がして、手を伸ばし中の豚糞を外に引っ張り出そうということでした。剥がされたトタンの内側には縦横に組んだ垂木が邪魔をして体は入れなかったはずですが、よくも手が届いたものだというくらい、内側に置いたものまで掻き出して悪さをした様子がありありと残されております。。

                       

                      しばらく前に北上市に出た際に買って置いておいたもので、臭いも結構していましたので興味を引いたのでしょう。あまり長期間置くのは良くないと感じました。

                       

                       

                       

                      麦脱穀

                       

                      お盆の仕事は何と言っても小麦の脱穀です。今年は最多品種となり「南部小麦」「アリーナ」「コユキコムギ」「ライ麦」の作業となりました。

                       

                       

                      麦選別

                       

                       

                      5年前くらいまで稲に使っていた小規模の籾摺り機を小麦の選別専用として使用しています。小麦はハーベスタでの脱穀時に既に玄麦として集められているので、一緒に混じっている茎や穂の殻を取り除くことが作業内容になります。機械に備わっている再び回収してインペラにかけるための戻りのパイプが詰まりやすいため、取り外しまして、手前の樽で受けています。ワンチャンスの選別作業になり、これを2回繰り返します。奥の方の樽には綺麗な玄麦のみが集められますが、1度の作業工程では残茎などはまだ残っているので(それが手前の樽)、それを2度目の工程にかけるという作業です。これで、ほぼ綺麗な玄麦のみが入手できるわけです。

                       

                       

                       

                      南部小麦玄麦

                       

                      集められた南部小麦です。既に古い品種の部類になる南部小麦で、最近は新しい品種に押され作付けも減っているようです。農家としては新しい品種ほど以前のものを凌駕している、より上位の品種と考える傾向がありやむを得ない面もあります。収量も高く穫れたり、病害虫が少ないなどの利点があれば、それが正論でしょう。

                       

                      とはいえ、南部小麦は岩手の食文化に根ざした伝統ある品種であり、当園のサイトでもやはり注文は多くいただきます。中力の粉になりますが、味わい深いものを感じています。

                       

                      玄麦でのご注文が多いですが、秋から冬にかけては盛岡方面へ出る機会も多く、すぐれた製粉所がお隣雫石町内にありますので、製粉希望の方は小麦粉としてもご注文いただけたら、お時間は頂戴いたしますが、対応させていただきます(1kgあたり約100円の製粉経費の実費は別途いただいています)。

                       

                      ちなみに、雫石の製粉所「高村製麺所」は昔ながらの製粉機で、小ロットにも対応してくれて、かつ品質も素晴らしいと思っています。頼んだ小麦粉は精白した小麦粉とフスマとが別袋に分けられて出来上がってきます。両者をお好みで混ぜて全粒粉にしていただくのもよろしいかと思います。ちなみにフスマの比率は15%以上もあり、お米の米ぬかよりは若干多くなっています。

                       

                      それにしても、岩泉の被害がどんどん拡大していて残念な気持ちでいっぱいです。春に訪れてブログでも紹介した安家洞のある安家地区も孤立があるようですし、お昼を食べた道の駅岩泉のあたりはまさにグループホームがあった地区になります。今日のニュースでは、あの「龍泉洞」は水が中から逆流して入り口から外へ溢れ出ているという途方も無い事態になっているようでした。数年前(震災の年)の夏に、確か電飾設備が新しくなったという頃に出かけましたが、その照明の設備もダメになっていると想像されます。

                       

                      安家洞についてはまだニュースは聞いていません。入り口はちょっと高台だったので、こちらは被害はなかったかもしれません。そう願いたいです。とはいえ観光地よりも人や住宅の方が心配です。

                       

                      posted by: 渡辺哲哉(園主) | 日々の暮らし | 13:31 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |